NEWS

アメリカ海兵隊 Optics 1社のレーザーレンジファインダー「I-CUGR」を採用

海外軍事 Comments(0)

Photo from Optics 1
アメリカ海兵隊が狙撃手向けの装備としてフランス・サフラングループ傘下にあるOptics 1社の小銃マウント型レーザーレンジファインダー(mLRF)「I-CUGR」を採用した。今年は315ユニットが納入される。
I-CUGRは小銃にマウントされ、両手を銃から離さず任意の地点までの距離計測が行える。同様の製品としてはAN/PSQ-23やWilcox社のRAPTAR、SilencerCo Weapons Research(SWR)社のRADIUSなどがある。計測データはKestrelの気象計やApplied Balisticsといった弾道計算ソフトウェアと接続し、初弾の命中率を向上させることができるという。


Photo from Optics 1

2017年3月に行われたアメリカ陸軍特殊部隊スナイパー・コンペティションでもほとんどのチームがこうしたmLRFを使用していたことからも、その利便性は伺える。

Photo from U.S. Army

またmLRFは特殊部隊や狙撃手だけでなく一般部隊にも配備が進みつつある。砲兵や航空機への支援要請では正確な距離を素早く把握することが重要であり、オーストラリア陸軍ではL3 Technologies社のSRFが2016年から分隊レベルで配備されている。

Source: Safran selected for USMC Sniper Range Finder (SRF) program - Safran Electronics Defense

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201709
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難 (2018-12-06 12:11)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop