NEWS

フィリピン国家警察がイスラエル製5.56mm小銃×17,000挺以上を調達

海外軍事 Comments(0)
フィリピン国家警察がイスラエル製5.56mm小銃×17,000挺以上を調達
Photo from Philippine National Police.
This photo is for illustrative purposes only.
フィリピン国家警察(PNP: Philippine National Police)が、対テロ警察部隊用にイスラエル製の小銃を新たに調達する。

関連記事:
「マラウィの戦い」を戦訓にフィリピン警察最精鋭『特別活動部隊(SAF)』が市街地戦闘に特化した訓練を強化へ
PNPは政府間(G2G)協定を通じて、イスラエル国防省(IMOD: Israel Ministry of Defense)との間で、IWI製5.56mmアサルトライフル(BAR: Basic Assault Rifle)×17,048挺の調達に署名。2019年一般歳出法から7億1,300万ペソ(約15億4,000万円)の資金を捻出するとしている。

精鋭「特別活動部隊(SAF: Special Action Force)」や地方の機動部隊大隊、SWATなどの銃器部隊に配備される見込みで、単価は1挺当たり41,820ペソ(約9万円)。麻薬取締局(PDEA: Philippine Drug Enforcement Agency)納品のガリルエース(Galil Ace)×600挺では、単価が168,000ペソ(約36万円)であったことを例に比較しており、他の法執行機関が公開入札を通じて取得したどの価格よりも大幅に低かったと説明している。

Source: PNP to acquire over 17K Israeli-made assault rifles

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop