ウィルソン・コンバットからポール・ハウ・シグネチャーモデルのグロック19・26が発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
1911シリーズのカスタマイズを中心に、質の高いコンバット・カスタムを提供し続けるガンスミス、ウィルソン・コンバットが著名インストラクター、ポール・ハウのシグネチャーモデルのグロックを手がける。

ウィルソン・コンバットは先日グロックシリーズのスライドやフレームの加工、各種パーツの組み込みといったカスタマイズを受付開始。また、既にラリー・ヴィッカーズ氏率いるヴィッカーズ・タクティカル製カスタムパーツを組み込んだコラボモデルも提供している。

ウィルソン・コンバットがグロックシリーズのカスタマイズを受付開始 - ミリブロNews
ウィルソン・コンバット×ポール・ハウモデルのグロック19。Gen. 4をベースにスライドの再仕上げ、フレームの加工、バレルのフィッティング等のカスタムが施される。

Photo from Wilson Combat


同じくコラボモデルのグロック26

Photo from Wilson Combat

バックストラップピンは延長され抜けにくくなる。グリップは「スターバースト」パターンがレーザー・スティプリングされる。トリガーガードはアンダーカットが深くなり、ハイグリップしやすくなる。

Photo from Wilson Combat

ウィルソン・コンバットのオーバーサイズ・バレルからガンスミスがハンドフィット。専用のレースガンにもひけをとらない命中精度。
フロントサイトはトリチウム入り。スライドはセレーションが追加され、仕上げも変更される。バレルはオーバーサイズのものをガンスミスがハンドフィットさせ、レースガン並の精度を持たせているという。

Photo from Wilson Combat

グロックのカスタマイズと言えばかなり派手なものが多い中、ウィルソン・コンバットのモデルは外見の変更は最小限に抑えられ、シンプルにまとめられている。用途を選ばず、あらゆるシチュエーションに対応するというウィルソン・コンバットのキャリーガンに対するコンセプトを感じる1丁である。

Source: Paul Howe Package For GLOCK® - Wilson Combat

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201901
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
グロック社の新スポークスマンに俳優の『チャック・ノリス』氏(79歳)が就任
装備好きサバイバルゲーム祭典「ギアフェス東北」が今年も開催
フランスのサイバーガン社が、米国のエアソフト販売最大手『Evike.com』と専売契約を発表
【PR】「コンバットゾーン京都」の直営新フィールド、『コンバットゾーンシエラ』が滋賀県大津市にオープン
ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに
Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場?
 グロック社の新スポークスマンに俳優の『チャック・ノリス』氏(79歳)が就任 (2019-04-12 17:26)
 装備好きサバイバルゲーム祭典「ギアフェス東北」が今年も開催 (2019-04-05 18:22)
 フランスのサイバーガン社が、米国のエアソフト販売最大手『Evike.com』と専売契約を発表 (2019-04-05 18:02)
 【PR】「コンバットゾーン京都」の直営新フィールド、『コンバットゾーンシエラ』が滋賀県大津市にオープン (2019-04-02 19:23)
 ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに (2019-03-22 10:08)
 Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場? (2019-03-21 16:11)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop