ナイフメーカー「ガーバー」の創業者、ピート・ガーバーが死去

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
ナイフメーカー「ガーバー」の創業者、ピート・ガーバーが死去
軍用ナイフ「マークII」や「マルチツール」で知られる「ガーバー」社の創業者の一人、ピート・ガーバーが2019年9月28日に90歳で死去した。
「ガーバー」社はもともと、ピートの父親が1910年、オレゴン州にて創業した広告代理店であった。ナイフメーカーとしての端緒は、1939年に代理店のクライアントにカトラリーを贈ったのが始まりである。

デヴィッド・ゼパニア・マーフィーの手になるこのキッチン・ナイフは評判となり、やがてガーバーはマーフィーのナイフを仕入れ、販売する「ガーバー・レジェンダリー・ブレード社となった。当時はスポーツ用品店であったアバクロンビー&フィッチもその顧客の一つである。

ピート・ガーバーは50年代からFiskarsに吸収合併される1987年まで経営に関わり、リードデザイナーのボブ・ラブレスをはじめ、アル・マー、ポール・ポールマン(アキシャル・ロック折りたたみナイフ)、ブラッキー・コリンズ(LSTナイフ)らと様々な名作ナイフを世に送り出した。

「マークII」コンバットナイフ。ベトナム戦争中非常に多くの将兵に好まれたが「残虐すぎる」とされ一時期PXでの販売が中止された。当時ガーバーで働いていたアル・マーはヒルト近くに鋸歯を追加し「戦闘用ではなくサバイバル用」として、再度の販売にこぎつけたという。
ナイフメーカー「ガーバー」の創業者、ピート・ガーバーが死去

Source: Pete Gerber, Founder Of Gerber Legendary Blades, Dies at Age 90 | SGB Media Online

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201911
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ウィルソン・コンバットによる実戦志向のシグ・P320カスタム「WCP320」が発売
ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
 ウィルソン・コンバットによる実戦志向のシグ・P320カスタム「WCP320」が発売 (2020-04-10 20:55)
 ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。 (2020-04-02 19:48)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop