NEWS

「マラウィの戦い」を戦訓にフィリピン警察最精鋭『特別活動部隊(SAF)』が市街地戦闘に特化した訓練を強化へ

海外軍事 Comments(0)
フィリピン・タギッグの首都管区警察署(NCRPO: National Capital Regional Police Office)警察学校のある「キャンプ・バゴン・ディワ(Camp Bagong Diwa)」で5日、国家警察(PNP: Philippine National Police)『特別活動部隊(SAF: Special Action Force)』の創設35周年記念行事がおこなわれた。

関連記事:
フィリピン軍の特殊部隊運用が新体制で発足。『軍特殊作戦司令部(AFPSOCOM)』の下で一元化へ
「マラウィの戦い」を戦訓にフィリピン警察最精鋭『特別活動部隊(SAF)』が市街地戦闘に特化した訓練を強化へ
Director Noli Taliño (right)
Photo from Philippine National Police (PNP)
PNP最精鋭、SAFのトップを務めるノリ・タリニョ(Noli Taliño)司令官は、昨年猛威を振るった南部ミンダナオ島マラウィにおける過激派組織との戦訓を背景に、市街戦強化の訓練がおこなわれると語っている。

「マラウィの戦い」を戦訓にフィリピン警察最精鋭『特別活動部隊(SAF)』が市街地戦闘に特化した訓練を強化へ
Photo from Philippine National Police (PNP)
5ヶ月間に渡る「マラウィの戦い」で、武装組織「マウテ・グループ」掃討作戦の最中に少なくとも2名のSAF隊員が殉職。ロドリゴ・ドゥテルテ大統領による命の下、SAFは来年度に5個大隊新設され13個大隊編成へと増強される。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ国防総省と陸軍がM134ミニガン用保守部品に関する情報提供の告知
なぜ特殊部隊員たちはチームを去ってしまうのか……モチベーションの維持に悩む米軍
イスラエル軍の兵士がキノコ型ヘルメットカバー「ミツネフェット」をかぶる理由
コンゴ動乱で活躍した伝説的傭兵部隊の創設者、マイク・ホアー氏が100歳で死去
知られざる米特殊部隊の予備役
米海軍と海上自衛隊の兵站相互運用スタート
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ国防総省と陸軍がM134ミニガン用保守部品に関する情報提供の告知 (2020-02-21 17:34)
 なぜ特殊部隊員たちはチームを去ってしまうのか……モチベーションの維持に悩む米軍 (2020-02-20 21:55)
 イスラエル軍の兵士がキノコ型ヘルメットカバー「ミツネフェット」をかぶる理由 (2020-02-19 19:29)
 コンゴ動乱で活躍した伝説的傭兵部隊の創設者、マイク・ホアー氏が100歳で死去 (2020-02-18 18:19)
 知られざる米特殊部隊の予備役 (2020-02-17 11:19)
 米海軍と海上自衛隊の兵站相互運用スタート (2020-02-16 09:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop