NEWS

「マラウィの戦い」を戦訓にフィリピン警察最精鋭『特別活動部隊(SAF)』が市街地戦闘に特化した訓練を強化へ

海外軍事 Comments(0)
フィリピン・タギッグの首都管区警察署(NCRPO: National Capital Regional Police Office)警察学校のある「キャンプ・バゴン・ディワ(Camp Bagong Diwa)」で5日、国家警察(PNP: Philippine National Police)『特別活動部隊(SAF: Special Action Force)』の創設35周年記念行事がおこなわれた。

関連記事:
フィリピン軍の特殊部隊運用が新体制で発足。『軍特殊作戦司令部(AFPSOCOM)』の下で一元化へ

Director Noli Taliño (right)
Photo from Philippine National Police (PNP)
PNP最精鋭、SAFのトップを務めるノリ・タリニョ(Noli Taliño)司令官は、昨年猛威を振るった南部ミンダナオ島マラウィにおける過激派組織との戦訓を背景に、市街戦強化の訓練がおこなわれると語っている。


Photo from Philippine National Police (PNP)
5ヶ月間に渡る「マラウィの戦い」で、武装組織「マウテ・グループ」掃討作戦の最中に少なくとも2名のSAF隊員が殉職。ロドリゴ・ドゥテルテ大統領による命の下、SAFは来年度に5個大隊新設され13個大隊編成へと増強される。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop