NEWS

ドゥテルテ比大統領が米国 M16 ライフル×26,000 挺の購入をキャンセル。ロシアから代替品購入を検討か

海外軍事 Comments(0)
ドゥテルテ比大統領が米国 M16 ライフル×26,000 挺の購入をキャンセル。ロシアから代替品購入を検討か
Photo By: Cpl. Jericho Crutcher
Image is for illustration purposes only.
フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ (Rodrigo Duterte) 大統領が、米国に発注していた 26,000 挺におよぶ M16 アサルトライフルの「購入キャンセル」を発表した。

関連記事:
M16 ライフルからレミントン社製 M4 へリプレイスを進めるフィリピン軍
これは、米メリーランド州選出の民主党議員で、上院外交委員会・東アジア太平洋問題小委員長を務めるベンジャミン・カーディン (Benjamin Cardin) 氏が先週、フィリピン向けの武器販売を停止することを発言して以降、米国務省が禁輸措置をしていることへの対抗措置となる。

発注していた M16 アサルトライフルは、フィリピン国家警察へ配備される予定だった。

購入取り消しを発表したドゥテルテ大統領は声明の中で、「我々はもっと安く購入でき、耐久性もあって性能もよいであろう他の選択肢を持っている」としている。

ドゥテルテ大統領は過去に、米国からの武器供給が断絶された場合を見据えて、「そうなった場合、我々はロシアから武器や弾薬を調達する」と発言をして注目を集めている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介 (2019-05-24 13:32)
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop