ポーランド企業がスズキ製Hayabusaエンジンを搭載した軍用ホバーバイク「ラプター」を初公開

海外軍事 国内軍事関連 Comments(0)

Photo from Hoverbike
ポーランド・キエルツェで開催中の国際防衛産業展示会「MSPO (Międzynarodowy Salon Przemysłu Obronnego) 2017」において、首都ワルシャワに本社を置くホバーバイク社が、軍用ホバーバイク「ラプター」を初展示した。

関連記事:
米陸軍で開発中のホバーバイク「統合戦術空中補給機 (JTARV) 」の試作機が試験飛行

Photo from Hoverbike
オートバイとヘリコプターを組み合わせた造りのこのホバーバイクは、重量300キログラム、最大積載重量140キログラム。高度900メートルで最高速度は時速110キロメートルとなり、最大で150キロメートルの移動が可能という。


Screen shot from Hoverbike
ラプターの主動力は、1,300ccのスパークイグニッションを搭載した強化型スズキ製Hayabusaエンジンと、30kWの発電機との統合によって構成されたハイブリッドシステムで、330馬力を出力する。このハヤブサエンジンについてホバーバイク社は、「地球上で最速の空のハンターである隼の名に相応しいエンジンだ」と高く評価している。


Photo from Hoverbike


Photo from Hoverbike
ラプターの機体は、その開発に3年の歳月を要し、試作第一号機が完成したのはまだ2ケ月前とのこと。今回の展示モデルでは1人乗りとなっているが、試作2号機以降では2名、3名での搭乗を可能としたモデルを開発することが予定されており、将来的には特殊作戦での利用を見込んでいる。

次回、中東ドバイで11月12日から16日に開催されるドバイ航空ショーにおいて展示が予定されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop