NEWS

中央アフリカ共和国におけるポルトガルの空挺部隊と武装勢力の銃撃戦動画が公開

海外軍事 Comments(0)
中央アフリカ共和国の首都バンギから約400km離れたバンバリにて、ポルトガルの国軍第4分遣隊(4.ª FND)に所属するBRR(緊急展開旅団)の空挺部隊が反政府組織UPC(「中央アフリカ共和国の平和のための連合」)と激しい銃撃戦におちいった動画が公開されている。
中央アフリカ共和国におけるポルトガルの空挺部隊と武装勢力の銃撃戦動画が公開
Screenshot from WarLeaks - Military Archive
ムスリムを中心とした反政府団体を母体とするUPCは物資・資金の強奪を企てバンバリを攻撃。これに国連の指揮下で平和維持活動を行っているポルトガル軍が応戦し、50時間もの間銃撃戦を経てUPCの拠点占拠に至った。軍の発表によればこの戦闘による戦死者はいないという。

中央アフリカ共和国におけるポルトガルの空挺部隊と武装勢力の銃撃戦動画が公開
Screenshot from WarLeaks - Military Archive

中央アフリカ共和国におけるポルトガルの空挺部隊と武装勢力の銃撃戦動画が公開
Screenshot from WarLeaks - Military Archive
BRRは空挺部隊やコマンドー、特殊部隊であるCTOEなどで編成される即応部隊で、動画中の部隊も一般的な兵士とは違った印象の装備を着用している。一見するとよくあるマルチカム装備だが、各リグのデザインや色合いが独特だ。制式小銃のH&K G3もドットサイトやフォアグリップなど、CQB仕様にカスタマイズされている。

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201902
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
レゴブロック(LEGO)のようなプラスチック・ブリックで造られた訓練施設
【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催
装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する
「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討
米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー
小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 レゴブロック(LEGO)のようなプラスチック・ブリックで造られた訓練施設 (2019-06-19 14:05)
 【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催 (2019-06-18 17:41)
 装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する (2019-06-13 16:13)
 「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討 (2019-06-12 17:40)
 米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー (2019-06-11 16:25)
 小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中 (2019-06-11 14:04)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop