NEWS

米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す

海外軍事 Comments(0)
米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す
Photo from Protect The Force (PTF)
米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS: Ballistic Combat Shirt)』の開発を手掛けた企業がその実績を引き下げて、海兵隊向けの新型アーマーの開発にも動き出している。

関連記事:
米陸軍ナティックの歩兵戦闘装備チームが開発した「バリスティック・コンバットシャツ (BCS) 」
米陸軍、より軽量で快適に動作できる新型の保護ベストとコンバットシャツを開発。2019 年に配備を計画
米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す
Photo from Protect The Force (PTF)
ボストンで急成長中の技術企業『プトテクト・ザ・フォース(PTF: Protect The Force)社』は、「ロブスター」の尻尾にヒントを得て『Flex9Armor』を開発。動き易さ・機動性を高めながらも軽量化を実施。一方で、.44マグナム弾に対応する防弾性能を持つとし、隊員の腕や胸部、頸部を敵弾の脅威から護っている。テストに協力した兵士の90%がその配備を待ち望んでいるという。

また同社は、友好国の軍隊に向けた5ヶ年・4億ドル(=約443億円)相当の輸出案件を獲得しているとのことで、今後もこの動きが堅調に推移するようだ。

米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す
Photo from Protect The Force (PTF)
PTF社の公式通販サイトでは現在、Flex9Armorシャツの取り扱いをおこなっているものの「オーダーメイド」となっている。カラーはブラック、マルチカム、コヨーテ、レンジャーグリーンの4色展開。サイズは、SM、MED、LG、XL。また防弾レベルもレベルII、レベルIIIA、Spike Level1、Spike Level2、Spike Level3と全5種類のラインナップとなっている。

国防総省の技術企業支援機関による後ろ盾の下、PTF社はこの防弾シャツに関する排他的特許のライセンス取得に向けた動きを促進させている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop