実銃Glockピストルに簡単取り付けできる発射弾数カウンター『RISC』

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
撃つことだけに集中し過ぎて、ついつい発射弾数のカウントを忘れがち…。
スペインを発祥とする「ラーデ・テクノロジー(Rade Tecnologías)」社が手掛けた実銃用の慣性射撃カウンター『RISC(Radetec Inertial Shooting Counter)』を使えば、そんな悩みも解決しそうだ。

Photo from Radetec


Photo from Radetec
RISCの取り付けはまずそのメインとなるパーツを、ピストルのリアサイトを避けながら上から被し、スライドに取り付けるだけという簡単なもの。左右にあるボタンを押すことで、射撃した弾数を「カウントアップ/ダウン」表示できるようになる。発射弾数の表示は、スライドの末端に配置されたLCDスクリーンによっておこなっている為、射手の視界に常時映り込むことになる。

グロック製ピストルに対応しており、Gen.3/4のGlock19, 19, 26, 22, 23…等への取り付けが可能。本体重量は25グラム以下で、CR1632バッテリー×1を動力源とし、20,000発分の表示がおこなえる。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
【PR】Dress&Gunが和歌山市松江に「インドアフィールド」併設新店舗をオープン。10/13・14に物販イベント実施
【PR】大自然に囲まれたゲレンデが2日間に渡って戦場に!ハチ高原観光協会主催サバゲーが10/20・21に開催
第58回全日本模型ホビーショー 東京マルイ+その他ブースの詳細レポート
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
 【PR】Dress&Gunが和歌山市松江に「インドアフィールド」併設新店舗をオープン。10/13・14に物販イベント実施 (2018-10-05 19:34)
 【PR】大自然に囲まれたゲレンデが2日間に渡って戦場に!ハチ高原観光協会主催サバゲーが10/20・21に開催 (2018-10-04 10:43)
 第58回全日本模型ホビーショー 東京マルイ+その他ブースの詳細レポート (2018-10-01 16:05)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop