実銃Glockピストルに簡単取り付けできる発射弾数カウンター『RISC』

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
撃つことだけに集中し過ぎて、ついつい発射弾数のカウントを忘れがち…。
スペインを発祥とする「ラーデ・テクノロジー(Rade Tecnologías)」社が手掛けた実銃用の慣性射撃カウンター『RISC(Radetec Inertial Shooting Counter)』を使えば、そんな悩みも解決しそうだ。

Photo from Radetec


Photo from Radetec
RISCの取り付けはまずそのメインとなるパーツを、ピストルのリアサイトを避けながら上から被し、スライドに取り付けるだけという簡単なもの。左右にあるボタンを押すことで、射撃した弾数を「カウントアップ/ダウン」表示できるようになる。発射弾数の表示は、スライドの末端に配置されたLCDスクリーンによっておこなっている為、射手の視界に常時映り込むことになる。

グロック製ピストルに対応しており、Gen.3/4のGlock19, 19, 26, 22, 23…等への取り付けが可能。本体重量は25グラム以下で、CR1632バッテリー×1を動力源とし、20,000発分の表示がおこなえる。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに
Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場?
ロシア製短機関銃『PP2000』のガスブローバック版エアソフトを台湾のModify社が開発中
明日香縫製×VTG共催による新イベントゲーム『DISASTERZ(デザスターズ)』が5/1にコンバットゾーン京都で開催
香港Angry GunがマルイM4 GBB用「ジョン・ウィックのライフル」コンバージョンキットを発売
UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定
 ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに (2019-03-22 10:08)
 Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場? (2019-03-21 16:11)
 ロシア製短機関銃『PP2000』のガスブローバック版エアソフトを台湾のModify社が開発中 (2019-03-15 15:09)
 明日香縫製×VTG共催による新イベントゲーム『DISASTERZ(デザスターズ)』が5/1にコンバットゾーン京都で開催 (2019-03-14 20:31)
 香港Angry GunがマルイM4 GBB用「ジョン・ウィックのライフル」コンバージョンキットを発売 (2019-03-14 18:25)
 UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定 (2019-03-11 14:01)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop