香港レッドウルフ・エアソフトが『3D MMP ブローニングM2重機関銃』電動エアガンの予約販売を開始

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from RedWolf Airsoft (RWA)
香港を本拠とする大手エアソフト企業の「レッドウルフ・エアソフト(RWA: RedWolf Airsoft)」が、電動エアソフト『ブローニングM2重機関銃』の予約販売を開始した。

Photo from RedWolf Airsoft (RWA)
総額55万円(銃本体: 2,900ドル(=約30万円)+三脚架: 2,400ドル(=約25万円))にもなるこの大物エアソフトを手掛けるのは、台湾の新鋭ブランド『3D MMP』。


Photo from RedWolf Airsoft (RWA)
銃本体は重量28,000グラムで全長1,650mm、弾倉には最大2,500発のBB弾の装弾が可能。発射はフルオートのみで、射手は実銃同様に押金トリガー(press lever trigger)を押し込むことで脅威の弾幕を張ることができる。
3DプリントされたM249ギアボックス&インナーバレルの一体成型とバージョン2の内部構造を使用したことにより、作動面での信頼性を担保しているとのこと。


Photo from RedWolf Airsoft (RWA)
トライポッドおよびダミーカートについては別売となっており、約1ヶ月の納期が掛かる。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
「グレイシー柔術」を用いた警察官向け逮捕術をホイス・グレイシーが解説する動画
WEの次期新製品はガスブローバックの『HUDSON H9』
完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい!
ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
 「グレイシー柔術」を用いた警察官向け逮捕術をホイス・グレイシーが解説する動画 (2018-12-13 18:45)
 WEの次期新製品はガスブローバックの『HUDSON H9』 (2018-12-12 16:29)
 完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい! (2018-12-10 18:27)
 ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開 (2018-12-07 14:14)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop