NEWS

香港の大手エアソフト販売業者にNPOAEG製エアガン「AK-12」が再入荷

海外軍事 Comments(0)
香港の大手エアソフト販売業者にNPOAEG製エアガン「AK-12」が再入荷
Photo from RedWolf Airsoft
香港のエアソフト販売大手レッドウルフエアソフト(RWC: RedWolf Airsoft)が11日、バージョン3ギアボックスを搭載したロシアNPO AEG製の新作電動エアガン「AK-12(АК-12)」を再入荷した。
香港の大手エアソフト販売業者にNPOAEG製エアガン「AK-12」が再入荷
Photo from RedWolf Airsoft
NPOAEG製AK-12電動ガンの販売については3月に既報の通り、カラシニコフ社(Kalashnikov Concern)による知的財産権の主張を背景に、プロジェクト自体の無期限停止が報じられていた。

関連記事:
カラシニコフ社の発表を受け、露エアソフト製造NPO AEGが新作電動ガン「AK-12」の販売活動を全面停止か

香港の大手エアソフト販売業者にNPOAEG製エアガン「AK-12」が再入荷
Photo from RedWolf Airsoft

香港の大手エアソフト販売業者にNPOAEG製エアガン「AK-12」が再入荷
Photo from RedWolf Airsoft

香港の大手エアソフト販売業者にNPOAEG製エアガン「AK-12」が再入荷
Photo from RedWolf Airsoft

香港の大手エアソフト販売業者にNPOAEG製エアガン「AK-12」が再入荷
Photo from RedWolf Airsoft

香港の大手エアソフト販売業者にNPOAEG製エアガン「AK-12」が再入荷
Photo from RedWolf Airsoft
当時、RWCの通販サイトでは「アウトオブストック(在庫切れ)」表記となっていたが、現在は在庫ありを意味する「イン・ストック(In stock)表記と共に、前回同様の799ドル(=約8万7,000円)の値札が付けられている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop