NEWS

シージャックされた客船を解放せよ。ポーランド特殊部隊が洋上対テロ戦術訓練演習を実施

海外軍事 Comments(0)
シージャックされた客船を解放せよ。ポーランド特殊部隊が洋上対テロ戦術訓練演習を実施
Photo from Combat Camera Zespół Reporterski DOSZ
5月24日、25日の2日間を掛けて、ポーランド北部のバルト海に面した西ポモージェ県コウォブジェクで、対テロを想定した「ケイパー(KAPER)危機対応戦術演習2017」がおこなわれ、その際の様子を収めた写真が軍の報道部門であるコンバット・カメラに掲載された。

首相直轄の「政府安全センター(RCB: Rządowe Centrum Bezpieczeństwa)」参加によるこの訓練演習には、軍一般部隊、特殊部隊、憲兵隊、警察、消防からおよそ400名を超える人員が投入されている。

Ćwiczenia taktyczne Kaper 17 w Kołobrzegu
シージャックされた客船を解放せよ。ポーランド特殊部隊が洋上対テロ戦術訓練演習を実施
Photo from Combat Camera Zespół Reporterski DOSZ

シージャックされた客船を解放せよ。ポーランド特殊部隊が洋上対テロ戦術訓練演習を実施
Photo from Combat Camera Zespół Reporterski DOSZ


シージャックされた客船を解放せよ。ポーランド特殊部隊が洋上対テロ戦術訓練演習を実施
Photo from Combat Camera Zespół Reporterski DOSZ

シージャックされた客船を解放せよ。ポーランド特殊部隊が洋上対テロ戦術訓練演習を実施
Photo from Combat Camera Zespół Reporterski DOSZ
24日18時、客船がテロリストの手に落ち、船長から緊急情報が発信されたことを受け、軍特殊作戦司令部主導による訓練が開始。船内は悪党らによって支配され、一夜を過ごすことになる。翌日、訓練のクライマックスとして、海上警備部隊と空からの支援を受けた対テロ特殊部隊が救出作戦を実行している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲
被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに
ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否
米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達
米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中
米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲 (2019-07-19 17:06)
 被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに (2019-07-18 20:32)
 ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否 (2019-07-18 12:35)
 米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達 (2019-07-18 11:21)
 米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中 (2019-07-16 17:47)
 米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像 (2019-07-12 16:02)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop