「2019年のエアソフトガン市場は18億4,600万ドル(約2,000億円)」調査会社がレポートを公開

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(1)
「2019年のエアソフトガン市場は18億4,600万ドル(約2,000億円)」調査会社がレポートを公開
Photo: Military Blog Japan
This photo is for illustrative purposes only.
日本で生まれたエアソフトガンは、いまや世界中に拡散。2019年の市場規模は実に18億4,600万ドル(約2,000億円)に達するとアイルランドのシンクタンク、FactMRがレポートしている。
FactMRはエアソフトガン市場が2029年まで年率7%という堅実なペースで成長を続けると予想。背景として、市場の中心である北米においてサバイバルゲームの認知と普及が進んでいることに加え、軍・警察の訓練機材としてのニーズも高まっていると述べた。

また中東・アフリカでは年率9%という勢いで市場が急速に拡大しており、メーカー、小売店ともこの地域への参入に力を入れているという。

メーカー別売上と注力分野。縦軸に売上、横軸は左が既存製品、右が新規開発に力を入れていることを表す。
「2019年のエアソフトガン市場は18億4,600万ドル(約2,000億円)」調査会社がレポートを公開
Image from Fact.MR

とはいえ市場の成長を阻害しうるリスクファクターも多い。マーケットのうち3/4の地域では厳しい法規制がありエアソフトガンはグレーな存在である。ほかにも商標やメカニズムの特許などの知的財産を巡る訴訟もリスク要因となる。サバイバルゲームがブームをリードしていることから、眼球・身体の負傷数の増加も無視することはできないという。

「2019年のエアソフトガン市場は18億4,600万ドル(約2,000億円)」調査会社がレポートを公開
Photo: Military Blog Japan
法規制は市場の分布に大きく影響している。日本、韓国、中国といった地域のメーカーは銃規制の比較的緩やかなアメリカ、ヨーロッパの卸、小売業者との結びつきを強めており、北米マーケットの大きさはここにも一因がある。

最も売れているのはいわゆる電動ガンであり、売上の4割を占める。サバイバルゲームでの利便性はもちろん、カスタムを楽しむ需要も高く、アフターパーツ市場も広がりをみせている。メーカー・小売はカスタムペイントなどのサービスでこれに答える一方、目立つ動きとしてはリコイルや排莢動作を再現した複合型エアソフトガン(hybrid airsoft)がブームになりつつあるという。

「2019年のエアソフトガン市場は18億4,600万ドル(約2,000億円)」調査会社がレポートを公開
Photo: Military Blog Japan
日本のエアガン・サバイバルゲーム市場の規模は2017年に184億円で、成長率を加味すれば世界全体の1割ほどとなる。日本発祥のエアソフトガンという文化がこれから世界にどのような影響を与えていくのか興味はつきない。

Source: Airsoft Guns Market Forecast, Trend Analysis & Competition Tracking - Global Market Insights 2019 to 2029, Airsoft Guns Market Poised to Account for US$ 1,846 Mn in 2019- Predicts Fact.MR | The Guardian Tribune, 「オタク」市場に関する調査を実施(2018年) | ニュース・トピックス | 市場調査とマーケティングの矢野経済研究所

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201910
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
全国サバゲーフィールド紹介第一弾「Tactics Field」
災害に、アウトドアに、一つあると心強いライト、 SureFire(シュアファイア) その2 そもそも明るいってナニ?
災害に、アウトドアに、一つあると心強いライト、 SureFire(シュアファイア) その1 歴史編
マグプル社 MP5サブマシンガン用アクセサリーパーツを発売
コルト・カナダ社 カナダ軍の新型C20セミオート狙撃銃の量産を開始
リューポルド社 マイクロドットサイト「Deltapoint」のナイトビジョン対応版を発売
 全国サバゲーフィールド紹介第一弾「Tactics Field」 (2021-10-01 19:00)
 災害に、アウトドアに、一つあると心強いライト、 SureFire(シュアファイア) その2 そもそも明るいってナニ? (2021-09-14 17:45)
 災害に、アウトドアに、一つあると心強いライト、 SureFire(シュアファイア) その1 歴史編 (2021-09-02 16:13)
 マグプル社 MP5サブマシンガン用アクセサリーパーツを発売 (2020-06-02 21:08)
 コルト・カナダ社 カナダ軍の新型C20セミオート狙撃銃の量産を開始 (2020-05-31 19:00)
 リューポルド社 マイクロドットサイト「Deltapoint」のナイトビジョン対応版を発売 (2020-05-31 07:59)
この記事へのコメント
In the previous five years, there has been an increase in military spending by major countries. This rise is due to increased safety concerns for citizens, territory, and public wealth, as well as improving economic situations.

The assault rifle is the most preferred weapon in the world's largest and most advanced armies due to its accuracy during cyclic fire and high fire rates, such as 600 rounds per minute. Countries choose to purchase assault rifles for their domestic security forces, such as police and army units that operate in densely populated regions. Countries are spending a significant amount of money to expand their assault weapon fleets.

Due to several functional features such as uninterrupted, automated, and rapid rate of fire, intermediate cartridge, and reduced recoil, demand for fully automatic military rifles is increasing, making it the most ideal gun during situations such as armed warfare. Military vehicles, aircraft, and ships are frequently equipped with fully automatic military firearms. Fully automatic military rifles are equipped with ammo belts storing 200 or more rounds, allowing them to fire continuously with minimal reload time.

Fact.MR: Military Rifle Market
Posted by Rachel | at 2021年07月07日 17:22
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop