「くろがね四起」復元完成披露会、9/25 一般公開

イベント開催情報 Comments(0)
「くろがね四起」復元完成披露会、9/25 一般公開
写真:御殿場市内にて修復中の「くろがね四起前期型」(8月20日現在の様子)。
提供:NPO法人防衛技術博物館を創る会
足掛け 3 年に渡る幻の車「くろがね四起」の修復が完了し、そのお披露目会がおこなわれる。

クラウドファンドにより1300万円を超える資金を募り、2014年初夏より2年の歳月を掛けた修復作業を実施。70年前のオリジナルエンジンの音を響かせて走る「世界初の量産小型四輪乗用車」である「くろがね四起」のお披露目会を実施します。

「くろがね四起」は前期型と後期型の二種類が生産され、日本国内に現存が確認されている前期型はこの一台のみです(後期型は石川県日本自動車博物館所蔵)。

この貴重な「くろがね四起」前期型は、現在御殿場市に誘致中である「防衛技術博物館」の収蔵品の目玉のひとつになります。

関連記事:
レストア中の「くろがね四起」未再生エンジンがプライベートミュージアムで 9/20 より一般公開
(1)日時:平成28年9月25日(日)
(2)場所:御殿場高原ホテル時の栖 特設会場(静岡県御殿場市神山719番地)
(3)内容:25日(日)9:00~14:30 「くろがね四起」一般公開イベント(入場無料)
「くろがね四起」以外に同時代のアメリカ、ドイツの軍用ジープを展示し、日本初の小型軍用自動車くろがね四起と、見比べる企画も実施します。

「くろがね四起」復元完成披露会、9/25 一般公開
日本内燃機にて撮影されたメーカー記録写真(昭和12年ごろ)

「くろがね四起」復元完成披露会、9/25 一般公開
平成26年初夏、修復開始前の様子(ジープの機能美展2014にて)

「くろがね四起」復元完成披露会、9/25 一般公開
平成27年春、相模原市の永遠ボディにて修復中の車体。
情報提供:NPO法人防衛技術博物館を創る会

同じカテゴリー(イベント開催情報)の記事画像
世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行
田村装備開発 大阪出張訓練「野戦」2日目(実地学習)レポート
田村装備開発 大阪出張訓練「野戦」1日目(座学)レポート
ベトナム戦争ヒストリカルゲームイベント「アホカリプスVNリユニオン2019」
【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催
PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
同じカテゴリー(イベント開催情報)の記事
 世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行 (2019-09-11 11:09)
 田村装備開発 大阪出張訓練「野戦」2日目(実地学習)レポート (2019-06-20 08:58)
 田村装備開発 大阪出張訓練「野戦」1日目(座学)レポート (2019-06-20 08:58)
 ベトナム戦争ヒストリカルゲームイベント「アホカリプスVNリユニオン2019」 (2019-06-20 08:56)
 【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催 (2019-06-18 17:41)
 PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催 (2019-06-17 10:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop