カラシニコフ社がエアソフト界に本格参入を正式発表。製品の外観にも知財権適用を主張し各業界との交渉を開始か

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 ビデオゲーム 映画・テレビ Comments(0)

Photo from Rostec
ロシア最大の銃器メーカーであるカラシニコフ・コンツェルン(Kalashnikov Concern)と、同社を傘下に持つ国営ロステク(Rostec)は1日、現在軍で正規に使用されている銃の外観を「完全再現」したエアソフト製品を今年2017年にリリースする予定にあることを正式発表した。

関連記事:
カラシニコフ・コンツェルン、サバイバルゲーム団体とエアソフトガンの共同開発で合意
本家メーカーがエアソフト分野に本格参入するという、マニア垂涎の一報の中で同社は、「我々は我々の持つ高品質で信頼性の高い "カラシニコフ式アサルトライフル" 製品をゲーム産業界に持ち込むつもりだ」とし、実銃同様の重量や素材、エルゴノミクスなどを反映した製品に仕上げることを示している。

また一方で、「非合法なライセンス製品またはゲームコンテンツの取り締まりを実施し、我々の持つブランド力を強化する」とした主旨も明かしており、ゲームや玩具、スポーツグッズなどのエンターテイメント分野で27の商標登録、および世界知的所有権機関(WIPO: World Intellectual Property Organization)ニース協定(NCL: Nice Classification)に基づく28の商標を登録したことを明かしている。

関連記事:
ロシア特許庁で「カラシニコフ」が商標登録、世界規模でカラシニコフ小銃の海賊品対策・知財保護へ乗り出す
カラシニコフ・コンツェルンが中国で「カラシニコフ」「AK-74」の商標を登録

商標登録には「Kalashnikov(カラシニコフ)」「Saiga(サイガ)」「AK-47」「AK-74」が含まれている。こうした知的財産権(商標権)は、グループによって生産される製品の「外観」にも適用されるとしており、同社は既にオンラインゲーム業界をはじめ、主要なエアソフトメーカーとの間で交渉をおこなっているとしている。

関連記事:
Kalashnikov、違法コピー防止目的で AK / AKM ライフルファミリー 3D イメージをロシアで商標登録へ
ミリタリーFPS、ゲーム業界・銃器メーカーとのライセンス問題

親会社であるロステックによると、ロシア特許庁(Rospatent)は、「国際分類上の「武器(=銃器および弾薬など)」に該当する「クラス13」の中で、このよく知られた「カラシニコフ」を登録しており、無期限に有効である」とし、その見解を示している。


Photo from Rostec
ロステク(Rostec)とは…
2007年11月23日、ロステクは、ハイテク産業の強化・発展を軸として国防産業の再建を目指すウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領により、元 KGB で連邦国家単独企業「ロシア国防輸出(ROE: Rosoboronexport)」の社長だったセルゲイ・チェメゾフ(Sergei Chemezov)氏を参謀に据えて創設。現在までに「コンツェルン・カラシニコフ」「ロシア・ヘリコプター」など15の持ち株会社をその傘下に収めている。

ロステクは、ロシア語で「ロステクノロギー(Ростехнологии)」であり、その正式名称は「ハイテク工業製品の開発・生産・輸出助成国家コーポレーション」とされるが、2014年7月に現在の「ロステク(Ростех)」に改称している。(ロシア NIS 調査月報 2015 年 12 月号より)

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop