NEWS

露ロステック社が自動火器の寿命を2倍にする新技術を開発

海外軍事 Comments(0)
露ロステック社が自動火器の寿命を2倍にする新技術を開発
Photo from Kalashinkov for illustration purpose only.
ボルトアクション式の小銃などと比べて可動部分が多い自動火器は耐久性・信頼性がどうしても低下する。この問題を解決する技術を露ロステック社の一部門であるTSNIITOCHMASH社が開発した。

TSNIITOCHMASH社はAPS水中銃やVSS Vintorez、新型個人装備ラートニク向けの強化外骨格などロシア連邦軍・内務省などに向けた火器を開発する企業。
プレスリリースによればこの技術は新型のブリーチメカニズムによるもの。詳細は不明であるが、構造変更・新機構によってブリーチに伝わる衝撃を最小限にするという。従来の火器にも組み込むことができ、構造変更によるコスト上昇もないという。

先日はアメリカ陸軍の研究所もブリーチに関する技術の共同開発先を募集するなど、銃器のベーシックな部分に関する話題が続いているのが興味深い。

参考:小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中 - ミリブロNews

Source: Rostec technology increases service life of firearms - LWI - Land Warfare - Shephard Media

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201907
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲
被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに
ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否
米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達
米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中
米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲 (2019-07-19 17:06)
 被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに (2019-07-18 20:32)
 ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否 (2019-07-18 12:35)
 米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達 (2019-07-18 11:21)
 米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中 (2019-07-16 17:47)
 米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像 (2019-07-12 16:02)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop