NEWS

ロシアが「デルタフォース」に匹敵する部隊を創設か

海外軍事 Comments(0)

Photo from Wikimedia Commons
アメリカ合衆国で発行されている外交専門誌 ナショナル・インタレストのホームページが「Russia Has Its Own Deadly 'Delta Force'」と題した記事を掲載し、ロシアがアメリカ軍特殊部隊「デルタフォース」に匹敵する部隊を創設しており、この部隊が「Special Operations Command(KSSO)」と呼称されていることを報じた。(注:以後「特殊作戦軍」と呼称する)
この特殊作戦軍は、2013年に設立された比較的歴史が浅い特殊部隊であるが、短期間の内に成長し、かなりの戦闘経験を蓄積しているとされている。しかし、アメリカ軍特殊部隊「デルタフォース」と「DEVGRU」のような贅沢な予算が使われていないものの、ロシア軍は上手くこの特殊作戦軍を使いこなしているとされる。

特殊作戦軍は2014年、ロシア軍によるクリミア半島侵攻作戦に対して、初投入ながらも最も目に見える成果を示しており、またロシアの特殊部隊が人気のある文化として周知されるようになった渾名である「礼儀正しい人」を生み出す切っ掛けになった部隊でもある。この精鋭部隊は内戦が激しくなったシリアにも投入され、ロシア軍の活動を支援する役割が与えられ、巡航ミサイルの攻撃目標の選定、重要目標の暗殺、敵部隊への強襲作戦等を着実に実行しているという。

Text: WT83 - FM201703

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難
パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討
エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難 (2018-12-06 12:11)
 パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討 (2018-12-05 15:10)
 エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得 (2018-12-05 12:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop