NEWS

「健康に悪い」ロシア軍の基地からチョコレートバーが撤去。W杯スポンサーに忖度しコーラは追って対応か

海外軍事 Comments(0)
「健康に悪い」ロシア軍の基地からチョコレートバーが撤去。W杯スポンサーに忖度しコーラは追って対応か
ロシア全土の軍基地にある自動販売機から「スニッカーズ」や「コカ・コーラ」が撤去されるようだ。

国内の政府系主要メディアは、軍に2,000台の自動販売機ネットワークを構築している軍用品販売「Voentorg」社の方針を紹介。同社幹部は、「国防に携わる兵士の好きな飲み物や食べ物がコーラやチョコレートバーというのはよろしくない」とコメントしている。
ロシアではこれまでに、健康を害する恐れのあるジャンクフードに対する規制を試みてきたが、直前に迫るビッグイベントを前に二の足を踏んでいたようだ。

2015年には過剰な糖分や塩分、それに飽和脂肪を含む食品やアルコール類、タバコの宣伝規制を盛り込んだ法案が議会で準備されるも、2018年に開催を控えた「サッカー・ワールドカップ」のスポンサーに配慮。
とりわけコカ・コーラ社についてはビッグスポンサーの1つでもあることから、その顔色を窺っているようだ。こうした背景もあってか、Voentorg社の切り替えについても、今のところコカ・コーラでは無く、チョコレートバーが対象とのこと。いずれにしても近いうちにコーラも撤去されるという。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop