NEWS

ロシア国防省向け新型ピストルの供給は 2017 年に始まる見込み

海外軍事 Comments(0)
ロシア国防省向け新型ピストルの供給は 2017 年に始まる見込み
Photo: A pistol described by some articles as the Udav / bastion-opk.ru
ロシア精密機械製造科学研究所 (TsNIIMash) のトップ、ドミトリー・セミゾロフ (Dmitry Semizorov) 氏は、タス通信に対して、新型ピストルの予備試験を終えていることを明かした。秋に政府の試験領収を経て、年内にも作業を終える見込みで、国防省の承認が下りれば、来年度にも連続供給が始まる見込み。
また、セミゾロフ氏は、「セルジュコフ・ピストル (Serdyukov pistol) 」での経験を生かし、新型ピストルには強力な 9x21mm 弾の使用に言及している。

ロシアにおける新型ピストルの採用関連情報については、今年 6 月にフランス・パリで開催された国際兵器見本市「ユーロサトリ (Eurosatory) 2016 」において、関係者が「ウダフ (Udav) 」ピストルのトライアル状況を明かしている。

関連記事:
ロシアの新型拳銃「ウダフ」が2016年にトライアルを終了し制式採用へ

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ケニアホテル襲撃事件」単独突入しテロリスト2名を殺害。700名を救ったSAS隊員に勲章授与
米軍特殊部隊用の軽量ポリエチレン製ボディーアーマーシステムが戦闘評価試験中
米連邦事業機会の調達公告ネットサービス「FedBizOpps」が終了し『SAM.gov』にリプレイス
ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か
ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入
米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ケニアホテル襲撃事件」単独突入しテロリスト2名を殺害。700名を救ったSAS隊員に勲章授与 (2019-11-15 18:27)
 米軍特殊部隊用の軽量ポリエチレン製ボディーアーマーシステムが戦闘評価試験中 (2019-11-14 11:45)
 米連邦事業機会の調達公告ネットサービス「FedBizOpps」が終了し『SAM.gov』にリプレイス (2019-11-13 15:49)
 ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か (2019-11-11 13:58)
 ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入 (2019-11-08 11:21)
 米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開 (2019-11-07 10:40)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop