CO2カートリッジを使用するロシア製グレネードトレーニングシステム「TAG-ML36」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
ロシアのTactical Game Innovationがグレネードランチャー「TAG-ML36」をリリースした。これは40mmグレネードランチャーを製造するMadritsch Weapon Technologyと共同開発した訓練用のグレネードシステムとなる。

専用弾となる36mmカートリッジは蓄気式ではなく、パワーソースとして発射機本体に12gのCO2ボンベを装填する。
1本の12gカートリッジで約10発の発射が可能。
専用弾の「Reaper MK2」は75mまで正確な射撃が可能であり、曲射弾道による最大射程距離は160mに達するという。もちろん、国による規制の違いがあることは言うまでもない。

構造はM203やM320のような単発のアンダーバレルグレネードでハンドガードの下面レイルに工具不要でワンタッチで接続できる。
カートリッジの装填はサイドスイング方式。バレルにはライフリングも刻まれている。
オプションで専用スタンドアロンマウントも用意される。
このTAG-ML36は本来は40mmグレネードのトレーニングシステムとして開発されたものだが、インターナショナルサイトの「Airsoft Pyrotechnics」ではエアソフトゲーム用として729USドルで販売されている。

Text: 乾宗一郎 - FM201807

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
第88回『ビクトリーショー』が開催
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~
キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催
 ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也 (2018-11-16 12:22)
 フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰 (2018-11-14 13:11)
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 17:12)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 16:50)
 キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催 (2018-10-31 16:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop