ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似

海外軍事 ビデオゲーム Comments(0)
モスクワに拠点を置くロシアの軍事研究機関、「先端研究プロジェクト基金(Foundation for Advanced Research Projects)」を訪問したドミトリー・ロゴージン (Dmitry Rogozin) 連邦政府副首相が自身の公式SNSチャンネルを通じて、「将来兵士計画(Russian Future Soldier project)」に関する情報として数枚の写真を添えて投稿。その中に含まれていた1枚のコンセプトアートが、世界的ヒットのミリタリー・アクション・シューティングゲーム「ゴーストリコン フューチャーソルジャー(Ghost Recon: Future Soldier)」と類似していたことから話題となっている。
© 2012 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Tom Clancy, Ghost Recon, Ghost Recon Future Soldier, the Soldier Icon, Ubisoft, Ubi.com, and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries.
類似した2枚の画像を比較すると、装備アイテムの要所で配置や形状など幾つかの類似点を見出すことができる。

将来兵士計画の開発は、国営ロステック(Rostec)傘下のイズマッシュ(Izhmash)と、モスクワの軍需企業ツィクロン(Tsyklon)研究所がフランスのサジェム(Sagem)と提携しおこなわれているようだ。

ロシア軍兵士の将来デザインでは、グレネードランチャーを備えたAK-12アサルトライフル、夜間暗視装置、通信機能&情報処理システム付き防弾ヘルメット、Permyachka戦闘防具キット、弾薬や飲用水などを運搬する背嚢、GPS/GLONASS衛星測位システム、撥水・耐火・抗赤外線処理済迷彩戦闘服…などを備えている。表記によると、この将来デザインは、同じく開発を進めているNATO諸国製と機能面でこそ大きな遜色が無いものの、そのコストは「4万5,000ドル(=約480万円)」と半分ほどで済むとしている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop