NEWS

ロシアの銃火器メーカー 新月の夜に補助光無しで約2kmの長距離射撃に成功

海外軍事 Comments(1)
ロシアの銃火器メーカー 新月の夜に補助光無しで約2kmの長距離射撃に成功
長距離射撃では銃の精度を確保するのはもちろん、ターゲットを視認し照準することにも特別な工夫が必要となる。晴天下でも困難なものとなるが夜間となると条件はさらに厳しい。そんな困難な射撃にロシアの銃火器メーカー、ロバエフ・アームズ社が成功した。
ロバエフ・アームズ社は過去に4,000メートル超のターゲット射撃を成功させている。今回のチャレンジも同じく.408 Cheytac口径のSVLK-14が使用され、射手のセルゲイ・シュマコフが1,920メートルから5発を命中させた。

参考:ロシア製スナイパーライフル「SVLK-14S」を使って、世界最長となる「4,178メートル」の標的射撃に成功 - ミリブロNews

特筆すべきはパッシヴ式の暗視スコープのみで照準したことだろう。いくら暗視機能があれども、新月の明かりがない晩に赤外線ライトやレーザーなどの補助光源がなければ2,000メートル先の標的を見るのは難しい。

なお、同社によれば今回の挑戦には2年半の準備が必要であったとのこと。春には2,300メートル、2,500メートルとさらに距離を伸ばして挑戦するという。

Source: ‘Record’ shot dead! WATCH Russian sniper hit ALL targets in COMPLETE DARK at 2km distance — RT Russia News

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201912
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
この記事へのコメント
確かに、2キロの狙撃なんだろうけど明るい時間からライフルとターゲットを準備しているなら出来そうな印象です。悪く言えばターゲットに狙いを定めて目隠しをして当たったみたいな。索敵して狙撃なら凄腕。
Posted by ボブ | at 2019年12月25日 07:56
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop