NEWS

ロシアの銃火器メーカー 新月の夜に補助光無しで約2kmの長距離射撃に成功

海外軍事 Comments(1)
ロシアの銃火器メーカー 新月の夜に補助光無しで約2kmの長距離射撃に成功
長距離射撃では銃の精度を確保するのはもちろん、ターゲットを視認し照準することにも特別な工夫が必要となる。晴天下でも困難なものとなるが夜間となると条件はさらに厳しい。そんな困難な射撃にロシアの銃火器メーカー、ロバエフ・アームズ社が成功した。
ロバエフ・アームズ社は過去に4,000メートル超のターゲット射撃を成功させている。今回のチャレンジも同じく.408 Cheytac口径のSVLK-14が使用され、射手のセルゲイ・シュマコフが1,920メートルから5発を命中させた。

参考:ロシア製スナイパーライフル「SVLK-14S」を使って、世界最長となる「4,178メートル」の標的射撃に成功 - ミリブロNews

特筆すべきはパッシヴ式の暗視スコープのみで照準したことだろう。いくら暗視機能があれども、新月の明かりがない晩に赤外線ライトやレーザーなどの補助光源がなければ2,000メートル先の標的を見るのは難しい。

なお、同社によれば今回の挑戦には2年半の準備が必要であったとのこと。春には2,300メートル、2,500メートルとさらに距離を伸ばして挑戦するという。

Source: ‘Record’ shot dead! WATCH Russian sniper hit ALL targets in COMPLETE DARK at 2km distance — RT Russia News

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201912
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
スマホの「自分撮り」画像が原因で部隊が全滅……米海兵隊の対抗演習
寒くても手袋不要、米陸軍の新装具「アームヒーター」で手先作業も楽々。一般販売も視野に
米CIAが極秘裏に作り上げた「暗殺用毒ダーツ銃」
フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用
アメリカ空軍の研究者が伸縮しても導電性の変化しない特殊な金属素材を発見
フランスが軍用拳銃『Glock17』×74,596挺を発注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 スマホの「自分撮り」画像が原因で部隊が全滅……米海兵隊の対抗演習 (2020-01-17 17:52)
 寒くても手袋不要、米陸軍の新装具「アームヒーター」で手先作業も楽々。一般販売も視野に (2020-01-16 16:03)
 米CIAが極秘裏に作り上げた「暗殺用毒ダーツ銃」 (2020-01-15 12:20)
 フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用 (2020-01-14 17:26)
 アメリカ空軍の研究者が伸縮しても導電性の変化しない特殊な金属素材を発見 (2020-01-09 14:14)
 フランスが軍用拳銃『Glock17』×74,596挺を発注 (2020-01-07 20:50)
この記事へのコメント
確かに、2キロの狙撃なんだろうけど明るい時間からライフルとターゲットを準備しているなら出来そうな印象です。悪く言えばターゲットに狙いを定めて目隠しをして当たったみたいな。索敵して狙撃なら凄腕。
Posted by ボブ | at 2019年12月25日 07:56
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop