NEWS

ロシアの新型拳銃「ウダフ」が2016年にトライアルを終了し制式採用へ

海外軍事 Comments(0)
ロシアでは、アーセナル社の「ストリージ」やカラシニコフ社の「PL-14」など、政府機関での採用を狙った近代的なモデルの発表が続いているが、先日フランスで行われた兵器見本市ユーロサトリにおいて、関係者がロシアの新型拳銃「ウダフ(大蛇の意)」のトライアルが2016年中に終了し、試験採用が始まる見込みであるとコメントした。
ウダフ(Udav)は静音自動小銃「AS Val」の製造元であるロシア精密機械製造科学研究所(TsNIITochMash)が開発した大型拳銃。詳細は明らかになっていないが、同社のSR-1M Vektorをベースに開発され、同じ9×21mm弾を使用するものと思われる。

ベースとなったSR-1M Vektor

ウダフが加わると、9×18mmを使用するマカロフ拳銃、9×19mmを使用するMP-443と合わせて、3つの拳銃用弾薬が並行して使用されることになる。ロシアの拳銃採用計画はかなり複雑な事情を抱えているようだ。

Eurosatory 2016: Russian Udav pistol to finish state trials by late 2016 | IHS Jane's 360
Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201607
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ陸軍が新型の一般気候向け戦闘用ブーツの実地試験を開始
様々な銃器を試射できるINDUSTRY DAYがSHOT SHOW 2019に先立って開催!
BE Meyersが米海兵隊に15億円相当のレーザーモジュールを納入へ
唇のケアから靴磨きまで何にでも使えるスウェーデンの軍用リップクリーム
光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』
米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ陸軍が新型の一般気候向け戦闘用ブーツの実地試験を開始 (2019-01-24 10:59)
 様々な銃器を試射できるINDUSTRY DAYがSHOT SHOW 2019に先立って開催! (2019-01-24 10:44)
 BE Meyersが米海兵隊に15億円相当のレーザーモジュールを納入へ (2019-01-21 19:03)
 唇のケアから靴磨きまで何にでも使えるスウェーデンの軍用リップクリーム (2019-01-18 12:40)
 光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』 (2019-01-17 11:21)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画 (2019-01-16 12:48)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop