NEWS

ロシア教育省が故カラシニコフ氏の生誕100周年に学校でAK-47小銃の分解・組み立て指導を推奨

海外軍事 Comments(0)
ロシア教育省が故カラシニコフ氏の生誕100周年に学校でAK-47小銃の分解・組み立て指導を推奨
Photo from МИНИСТЕРСТВО ОБОРОНЫ РОССИЙСКОЙ ФЕДЕРАЦИИ
This photo is for illustrative purposes only.
ロシア連邦教育省が、銃器デザイナーの故ミハイル・カラシニコフ(Mikhail Timofeevich Kalashnikov)氏の生誕100周年に当たる11月10日に使用する、教師向けのガイドラインを発表した。レッスン推奨事項の中には、生徒に対してAK-47アサルトライフルの分解・組み立て方法が含まれている。

関連記事:
故ミハイル・カラシニコフ氏の業績を称えた記念碑のデザインコンクールが開催
近代ロシア史の中で世界的に名の知れた1人であり、国防に寄与した業績と社会活動を通じて、子供たちの愛国心の定着を図り、軍務に就くことへの関心を高め、祖国に対する責任と義務を育むことを目的としている。

人文科学のクラスでは、カラシニコフ氏の伝記やインタビュー記事の朗読から、敵対する米国が誇るM-16ライフルを筆頭に、諸外国の小火器との比較や、AK-47/AK-74ライフルの分解・組み立て競争もおこなわれるという。

Source: В школы направлены рекомендации к изучению наследия Калашникова, Минпросвещения рекомендовало устроить школьникам соревнования по сборке автомата Калашникова

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か
ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入
米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開
Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開
ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入
リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か (2019-11-11 13:58)
 ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入 (2019-11-08 11:21)
 米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開 (2019-11-07 10:40)
 Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開 (2019-11-07 10:20)
 ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入 (2019-11-01 15:20)
 リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』 (2019-11-01 14:16)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop