米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象

海外軍事 国内軍事関連 Comments(0)
米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象
Photo from Accord International
米国SAMメディカル社の止血帯「SAMターニケットXT」が5月2日より自主回収となっている。日本で販売された全製品が対象だ。
SAMターニケットXTは2017年3月に発売となった新しい止血帯であり、米軍特殊部隊が採用している止血帯「SOFTT-W」と同様の金属製巻き上げ棒や、陸上自衛隊も採用している止血帯「CAT」にあるようなベルクロ固定式のベルトと、巻き上げ棒を固定するフックを備えている。
最大の特徴は「トゥルーフォース・バックル」である。SAMターニケットを一定のところまで締めるとカチッという音がして自動的にベルトがロックされ、圧迫が緩むことを防止する。
以上のような機能から、信頼性の高い止血帯として注目を浴びている。

ところが、5月2日にSAMメディカル社は自主回収を発表した。理由は、縫製方法の問題により、ナイロンベルトがバックルから外れるためである。同社の発表によると、故障の発生率は524,800回に1回と推定され、今のところ、実際の使用における重篤な故障はないという。
現在は縫製方法を変更し、同様の問題は解決された模様である。

日本国内においても自主回収中であり、ユーザーは販売元に問い合わせるとよいだろう。
回収・交換の対象となっている商品は、SAMターニケットXTの黒とオレンジで、対象LOT番号等は国内販売代理店のアコード・インターナショナルのウェブサイトに掲載中である。

アコード・インターナショナル:http://www.accord-intl.com/sxt_recall.html
SAMメディカル:https://www.sammedical.com/xtrecall

Text: ムッシュ・コナギ - FM201805

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中
米軍の次世代分隊火器向け電子補正式照準器はAIによる顔認識技術で敵味方を識別する
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
 米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中 (2019-08-05 19:15)
 米軍の次世代分隊火器向け電子補正式照準器はAIによる顔認識技術で敵味方を識別する (2019-08-02 18:17)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop