NEWS

英陸軍特殊部隊「SAS」が史上初めて、女性隊員(予備役)獲得に向けた募集キャンペーンを開始

海外軍事 Comments(0)
英陸軍特殊部隊「SAS」が史上初めて、女性隊員(予備役)獲得に向けた募集キャンペーンを開始
Photo: © 2020 Crown Copyright
英陸軍特殊部隊「SAS」が史上初めて、女性隊員の獲得に向けた募集キャンペーンを開始した。陸軍公式募集ページには、「志願者は集中的かつ長期的な訓練要求に取り組む準備が必要だ」とし、国内メディアは「最初の課程は6月に始まる」と示している。

関連記事:
2019年に近接戦闘部隊で女性にも門戸開放を予定している英軍は、特殊部隊SAS選抜過程の緩和を検討か
第21、第23予備役連隊での募集となり、軍歴の無い場合は17歳9ヶ月~42歳、ある場合は50歳を制限とし、男女ともに22キログラムのバックパックを背負い、8マイル(約13キロメートル)の行軍をパスすることが求められる。

国内メディアによると、厳格なセキュリティクリアランスを通過した後、予備役兵士は日当110ポンド(約1.6万円)に加えて、免税特典および専門職手当が支給されるとのこと。

英軍では2019年4月より、女性が最前線の現場で戦闘職種に就くことが認められており、同年5月にはSAS正規連隊に初の女性隊員が参加したと報じられている。

関連記事:
英タブロイド紙が、陸軍特殊部隊「SAS」初の女性兵士は『アフガン従軍経験を持つ母』の可能性を報道

Source: UNITED KINGDOM SPECIAL FORCES (RESERVE), SAS launch first ever recruitment drive for women, The SAS recruits women for the first time but they'll have to pass the same tough tests as men

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ国防総省と陸軍がM134ミニガン用保守部品に関する情報提供の告知
なぜ特殊部隊員たちはチームを去ってしまうのか……モチベーションの維持に悩む米軍
イスラエル軍の兵士がキノコ型ヘルメットカバー「ミツネフェット」をかぶる理由
コンゴ動乱で活躍した伝説的傭兵部隊の創設者、マイク・ホアー氏が100歳で死去
知られざる米特殊部隊の予備役
米海軍と海上自衛隊の兵站相互運用スタート
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ国防総省と陸軍がM134ミニガン用保守部品に関する情報提供の告知 (2020-02-21 17:34)
 なぜ特殊部隊員たちはチームを去ってしまうのか……モチベーションの維持に悩む米軍 (2020-02-20 21:55)
 イスラエル軍の兵士がキノコ型ヘルメットカバー「ミツネフェット」をかぶる理由 (2020-02-19 19:29)
 コンゴ動乱で活躍した伝説的傭兵部隊の創設者、マイク・ホアー氏が100歳で死去 (2020-02-18 18:19)
 知られざる米特殊部隊の予備役 (2020-02-17 11:19)
 米海軍と海上自衛隊の兵站相互運用スタート (2020-02-16 09:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop