NEWS

英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い

海外軍事 Comments(0)

Photo from UK Army
This photo is for illustration purposes only.
アフガニスタンでの戦いは終わることなく、再びタリバンをはじめとした過激派グループの前に陥落。アフガン全土407地域の内、英軍戦死者454名を出したヘルマンド州を含めて、そのおよそ半数が過激派組織によって支配されているという。
事態を重く見た英国は、陸軍特殊部隊SASを来月末までに現在の50名体制から100名体制に増強する策に打って出るようだ。連隊史上で最長記録となるアフガニスタンでの戦いの中で、SASは米軍「統合特殊作戦司令部(JSOC: Joint Special Operations Command)」隷下の最精鋭チームと共に、直接行動(DA)を含めた様々なミッションをこなしてきた。

SASのプロパガンダ報道を得意とする国内タブロイド紙「デイリースター」によると、アフガニスタンで展開するSASの一部は、タリバン司令官の「抹殺令」を受けた精鋭スナイパー最大15名から構成されるとし、アフガニスタン特殊部隊の支援を主務としながらも、ほぼ毎日のように同国内の戦闘に関わりを持っているとしている。
タグ :SAS特殊部隊

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop