NEWS

英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い

海外軍事 Comments(0)
英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い
Photo from UK Army
This photo is for illustration purposes only.
アフガニスタンでの戦いは終わることなく、再びタリバンをはじめとした過激派グループの前に陥落。アフガン全土407地域の内、英軍戦死者454名を出したヘルマンド州を含めて、そのおよそ半数が過激派組織によって支配されているという。
事態を重く見た英国は、陸軍特殊部隊SASを来月末までに現在の50名体制から100名体制に増強する策に打って出るようだ。連隊史上で最長記録となるアフガニスタンでの戦いの中で、SASは米軍「統合特殊作戦司令部(JSOC: Joint Special Operations Command)」隷下の最精鋭チームと共に、直接行動(DA)を含めた様々なミッションをこなしてきた。

SASのプロパガンダ報道を得意とする国内タブロイド紙「デイリースター」によると、アフガニスタンで展開するSASの一部は、タリバン司令官の「抹殺令」を受けた精鋭スナイパー最大15名から構成されるとし、アフガニスタン特殊部隊の支援を主務としながらも、ほぼ毎日のように同国内の戦闘に関わりを持っているとしている。
タグ :SAS特殊部隊

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
 米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了 (2019-05-17 19:44)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop