NEWS

英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い

海外軍事 Comments(0)

Photo from UK Army
This photo is for illustration purposes only.
アフガニスタンでの戦いは終わることなく、再びタリバンをはじめとした過激派グループの前に陥落。アフガン全土407地域の内、英軍戦死者454名を出したヘルマンド州を含めて、そのおよそ半数が過激派組織によって支配されているという。
事態を重く見た英国は、陸軍特殊部隊SASを来月末までに現在の50名体制から100名体制に増強する策に打って出るようだ。連隊史上で最長記録となるアフガニスタンでの戦いの中で、SASは米軍「統合特殊作戦司令部(JSOC: Joint Special Operations Command)」隷下の最精鋭チームと共に、直接行動(DA)を含めた様々なミッションをこなしてきた。

SASのプロパガンダ報道を得意とする国内タブロイド紙「デイリースター」によると、アフガニスタンで展開するSASの一部は、タリバン司令官の「抹殺令」を受けた精鋭スナイパー最大15名から構成されるとし、アフガニスタン特殊部隊の支援を主務としながらも、ほぼ毎日のように同国内の戦闘に関わりを持っているとしている。
タグ :SAS特殊部隊

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出
米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き
ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出 (2018-11-20 16:57)
 米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き (2018-11-20 16:44)
 ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画 (2018-11-19 17:14)
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop