【海外エアガン】SIG SAUERから1911タイプのトレーニング用CO2ガスガンが新登場

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
高価ながら高品質な銃器類で知られるSIG SAUER。
そのSIG SAUERから1911タイプのガスガンがリリースされます。
【海外エアガン】SIG SAUERから1911タイプのトレーニング用CO2ガスガンが新登場
Photo: via SIG Sauer
「1911 Max Michel BB Pistol」
俗にいうGSRスライド、ストレートトリガーやレイルドフレームなどイマ風のタクティカル仕様の1911ですね。
同社の1911シリーズは高品質で実用あるいはコレクションとして好評ですが、このモデルはCO2ボンベを使用するガスブローバックガン。6mmBB弾ではなく4.5mmの金属製ツヅミ弾を使用する、日本でいえば「エアライフル」「エアピストル」に該当するモデルです。

SIG SAUER Airguns: Working with New Shooters

ただし、外寸や重量は実銃の1911とまったく同じ仕様になっており「リアルなトレーニングが可能」というのがセールスポイント。ホルスターなどをそのまま使用できたり、定価(MSRP)が気軽に買えそうな110.99USドルというのも利点でしょうか。

なお、同社はP250とP226のCO2ガスブローバックガンをラインナップしており、人気の高い1911シリーズのCO2仕様が追加されたことになります。
【海外エアガン】SIG SAUERから1911タイプのトレーニング用CO2ガスガンが新登場
Photo: via SIG Sauer
どのモデルも4.5mmの金属弾で初速は410m/sということなので、サバゲー用というわけではありませんがメーカー純正品で格安!と考えれば買ってしまう人も多そうです。

Text: 乾宗一郎 - FM201611

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
 ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。 (2020-04-02 19:48)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop