NEWS

シグ社が米軍特殊作戦司令部(USSOCOM)の『サイレンサー一体型アッパーレシーバー(SURG)』契約を獲得

海外軍事 Comments(0)

Photo from SIG Sauer
This photo is for illustrative purposes only.
米国防総省は27日、軍特殊作戦司令部(SOCOM)がシグ・サワー社(Sig Sauer Inc.,)との間でM4A1アップグレード用『サイレンサー一体型アッパーレシーバー(SURG: Suppressed Upper Receiver Group)』の取得に関する契約を交わしたことを発表した。5ヶ年に渡るもので、4,800万ドルの確定価格・数量未定(FFP/IDIQ)契約になることが示されている。

SOCOMが求めるSURGの要件については過去何度かに渡ってご紹介しているので、興味のある方は下記リンク先よりご覧頂きたい。
サイレンサー一体型アッパーレシーバーM4計画「SURG」の入札が中止に
SURGを巡るこれまでの報道の中から、ダニエル・ディフェンス、エアロプレシジョン&サイレンサーコー、ジェムテック、ラルータクティカル、NDADといったメーカーの参入が明らかとなっている。

今回、国防総省の発表では、2018会計年度において24,620ドルの調達資金が割り当てられていることや、ニューハンプシャー州ニューイントンにあるシグ社の工場で大部分の作業がおこなわれ、それらを2023年7月までに完了する見込みにあることが示されている。

Contracts for July 27, 2018 - U.S. Department of Defense (DoD)

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop