SKW Airsoftよりエアソフトゲーム用C4爆弾「BLASTER」が新登場

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
U.S. SHOT SHOW 2017の会場において、エアソフト(サバゲ)用の設置型地雷「BLASTER」が発表された。
メーカーはスペインのSKW Airsoft(http://www.skwairsoft.com/en/)だ。

動作には電動ガン用のバッテリーを使用する。
電源接続から20秒後、内蔵のモーションセンサーのスイッチがONになり、本体の正面を横切ったりすると振動や音によって爆発を知らせるという仕組みになっている。

屋外でも使えるが、基本的にインドアフィールドで効果を発揮するという。

2017年4月の発売予定で価格は未定。

同社は爆弾型フラッグシステムなど「爆発物系のエアソフトアイテム」をいくつかラインナップしており、今回のBLASTERでも新しい遊び方を提唱してくれそうだ。

関連記事:
サバゲに新たな可能性? バッテリー駆動の本格ダミー爆弾、Duel Code「Bomb Simulator」が新登場

Text: 乾宗一郎 - FM201702

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
人気のスズキ・ジムニーにGクラスとディフェンダーをイメージしたエアロパーツがリリース
Mafioso AirsoftがフルメタルのガスブローバックM1928A1トンプソンを開発中
多数の新製品が登場!『東京マルイフェスティバル』5thが開催
ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
第88回『ビクトリーショー』が開催
 人気のスズキ・ジムニーにGクラスとディフェンダーをイメージしたエアロパーツがリリース (2018-11-21 12:42)
 Mafioso AirsoftがフルメタルのガスブローバックM1928A1トンプソンを開発中 (2018-11-19 14:14)
 多数の新製品が登場!『東京マルイフェスティバル』5thが開催 (2018-11-19 13:43)
 ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也 (2018-11-16 12:22)
 フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰 (2018-11-14 13:11)
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop