SKW Airsoftよりエアソフトゲーム用C4爆弾「BLASTER」が新登場

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
U.S. SHOT SHOW 2017の会場において、エアソフト(サバゲ)用の設置型地雷「BLASTER」が発表された。
メーカーはスペインのSKW Airsoft(http://www.skwairsoft.com/en/)だ。

動作には電動ガン用のバッテリーを使用する。
電源接続から20秒後、内蔵のモーションセンサーのスイッチがONになり、本体の正面を横切ったりすると振動や音によって爆発を知らせるという仕組みになっている。

屋外でも使えるが、基本的にインドアフィールドで効果を発揮するという。

2017年4月の発売予定で価格は未定。

同社は爆弾型フラッグシステムなど「爆発物系のエアソフトアイテム」をいくつかラインナップしており、今回のBLASTERでも新しい遊び方を提唱してくれそうだ。

関連記事:
サバゲに新たな可能性? バッテリー駆動の本格ダミー爆弾、Duel Code「Bomb Simulator」が新登場

Text: 乾宗一郎 - FM201702

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい!
ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』
リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表
 完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい! (2018-12-10 18:27)
 ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開 (2018-12-07 14:14)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
 「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』 (2018-12-05 18:24)
 リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表 (2018-12-04 15:03)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop