『ショットショージャパン2018冬の部』搬入日速報

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 イベント開催情報 レポート Comments(0)
『ショットショージャパン2018冬の部』が、いよいよ明日12月1日(土)、2日(日)の日程で大阪ミナミ・アメリカ村で開催となる。
開催に先立ち、恒例の業者搬入日の様子をお届けしよう。
ガンモール大阪
トップ画像を飾ったのはS&T製PGM Mini-Hecate.338 Gas Rifle。
そしてこちらの写真は12月末に入荷予定となり、好評予約受付中の同じくS&T製96式軽機関銃電動ガン。
希望小売価格12万円(税別)。なお写真のモデルは試作品となるため、製品版と一部仕様が異なる場合がある。

DSI Club
ショットショージャパン主催のDSI Clubでは、フラッシュライトファン必見の新商品『KLARUS XT11X』に注目。夜間での圧倒はもちろんのこと、昼間でさえも直射すれば相手の視界を完全に奪えてしまう3,200ルーメンLEDライトを搭載。玉切れの心配不要なLEDの特性を生かし、ワンプッシュでのストロボにさえも対応している。CR123×2個または専用USB充電により繰り返しチャージ可能。

LAホビーショップ
お得な中古エアソフトを出品。

付属アクセサリー関連まで充実していた。

明日香縫製
SFs Combat CameeseにMilitia Plate Carrer、5 Mag Chestrigの組み合わせ。

狩猟免許者を対象にした新デザインパッチ「罠猟中」「管理捕獲」

次期新製品、M-LOK対応の木製レイルガード。今回は参考出品のため非売品。

前回のVショーで参考出品となっていた狩猟用ショットシェルポーチの量産品が上がっていた。

ハンマーズ
ハンマーズ謹製のオリジナル・コンプリート・エアソフトシリーズに新商品がラインナップ入り。上からLCT AKMベース「MPi-KMS-72』、GHK AK74MNベース「KREBS U.F.M CBQ-R」、内部にLCTメカBoxを使用した「KREBS ASSNECK Mod2タイプカスタムライフル」。

ハンマーズオリジナルのアウトドアラインナップ「立川武装」のナイロングッズ各種。

TPラボ
タクティカルパッチ職人工房「TPラボ」プロデュースのスピンオフブランド「DWARF Patch Works」。「アンチゾンビ」を題材とするグリーンイエロー基調のカラー展開となっていた。

VOLK Tactical Gear
寒い季節をホットにする新製品、VOLK N-3B type JACKETとマガジンキャリア。

VTGオリジナル商品のレイル&ガスブロック、ハイダー&サプレッサー。

Krytac VTGオリジナルカスタム電動ガン。

Block System他、人気のプレートキャリア各種。

ウィリーピート
入荷待ちが続き、国内での市場流通が難しくなってきたサファリランドホルスター。人気のマルイGlock対応製品は、見掛けたらソッコーでゲットしよう。

紅八連
中国人民解放軍レーション。向かって左の緑のパックは特殊部隊に向けて支給されているもので、右のTANカラーは陸軍支給品。共に2021年までの期限付きとなっているが、食用は自己責任で。

ルーツを黒船来航くらいまで遡るという古びたフォーク。

柄の部分の裏面には陸軍需品科を意味する「USA QMC(QuarterMaster Corps)」の印字が。

小型のハサミやヤスリなどが備わった旧ソ連製の身だしなみセット。

AGGRESSOR GROUP
正真正銘、ホンモノの軍用バックパックが超お買い得!
今開催のショットショージャパン会場限定(数量限定)で、各種バックパックが税込み販売価格より更に10,000円値引き!という破格設定で売り出される。

Feel Proud!のメイドインジャパン!
AGGRESSORオリジナルのタクティカルスリング(OD、MC、BK)

Grey/BKのツートン調がクールなTAC-Tのタクティカル・メッセンジャーバック。

全体的に大きめな造りとなっているため、かなりの収容力がある。
ピストル用を中心に予備弾倉のキャリーに特化した設計も確認できる。

外側のポケットにはピストルホルスターが配置されていた。内部はいずれもベルクロメス仕様となっているの、好みに応じて仕様変更・拡張も可能。

これから現用ヘルメットの収集を目指す諸兄に朗報!個人放出品のヘルメットセットを仰天特価で売り出し予定。ベースのシェルこそレプリカながらも、その他付属品は全てホンモノという豪華仕様。

専用ケースも付属するなど、この写真に写っているセット全てが対象となっている。今となっては見掛けることが少なくなった頭頂部のクールダウン用ウェット・メッシュも付いている。

個人放出品のヘルメット用デュアル仕様のヘッドセットも大特価で放出される。

G&G Armament
新製品のAR-15 SBR8とPCC 9。

こちらも同じく新製品で、ZSHOTによるKnights社の正規ライセンス取得製品、SR25 E2 APC M-LOKと、SR30 M-LOK。
G&G Armamentは『G&G Lovers』の開催を2019年4月13日に決定している。

ショットショージャパン2018冬の部
2018年12月1日(土)・2日(日)開場(両日共)10:00~17:00
大阪市中央区西心斎橋2-9-28 サンボール地下1階会場
※会場には駐車場がありません。当日はバス・電車をご利用下さい。
前売り券:¥500、当日券:¥600
主催:DSI Club
後援:コンバットマガジン、アームズマガジン

ショットショージャパン公式サイト
http://www.dsiclub.com/page/event/ssj.html


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
「グレイシー柔術」を用いた警察官向け逮捕術をホイス・グレイシーが解説する動画
WEの次期新製品はガスブローバックの『HUDSON H9』
完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい!
ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
 「グレイシー柔術」を用いた警察官向け逮捕術をホイス・グレイシーが解説する動画 (2018-12-13 18:45)
 WEの次期新製品はガスブローバックの『HUDSON H9』 (2018-12-12 16:29)
 完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい! (2018-12-10 18:27)
 ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開 (2018-12-07 14:14)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop