韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
個人用火器としては最大レベルの.50口径の対物狙撃銃を韓国のS&T Motiv社が開発している。S&T Motiv社は、韓国軍の制式小銃K2の開発・製造で知られる大宇精密工業が破綻後、S&Tホールディングス社に買収されてできたもので、現在は大宇から韓国軍の小火器の製造を引き継いでいる。
新型対物狙撃銃はボルトアクション式で重さ約12~14Kg。いまのところ弾倉式ではなく、1発ずつ手で給弾する方式になっている。アッパーレシーバー上部のピカティニーレールは約30cmほどで、光学照準器の他に暗視装置などを搭載するのに十分なサイズがありそうだ。

人物との比較から、標準的なライフルのサイズに収まっていることが分かる。どのような用途を想定しているのかはまだ不明であるが、軍事見本市ADEX 2017で展示されていたことから、あるいは輸出用として開発されている可能性もある。

Source: South Korea's First Anti-Material Rifle at ADEX 2017 - The Firearm BlogThe Firearm Blog

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop