NEWS

サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売

海外軍事 Comments(0)

Photo from Safariland
ホルスター製品の開発などで知られている米国のサファリランド(Safariland)は12日、純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」の発売開始を発表した。

Photo from Safariland


Photo from Safariland
高性能の戦術用通信製品で知られている独自のTCI技術が投入されシングル/デュアルに対応。業界初の機能を幾つか備えており、軍・法執行機関で従事するオペレーターに向けて安全な通信を提供し、オーディオプロファイルのカスタマイズを容易としている。


Photo from Safariland
今回の新製品開発においてTCI幹部は、「次世代の戦術用ヘッドセットを設計するために、我々は例外的な高精細音響技術の開発に力を入れた」「社内のエキスパートと最新のラボを使って、これまでのモデルの価格を維持しながらも、業界最高品質の送受信オーディオを開発した」と自負している。

リベレーターIV・Vは、業界初の「デュアルフュエル・システム」を導入しており、その駆動はAAA(単四電池)またはCR123×2個。250種類以上の戦術通信無線機との互換性を持ち、電子雑音圧縮と能動的騒音解除を備えた最初の製品となっている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難
パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討
エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難 (2018-12-06 12:11)
 パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討 (2018-12-05 15:10)
 エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得 (2018-12-05 12:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop