ビジュアル・エフェクツ(VFX)を駆使した映画『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』編集の裏側

映画・テレビ Comments(0)
ビジュアル・エフェクツ(VFX)を駆使した映画『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』編集の裏側
11月から日本でも劇場公開が始まったスリラーアクション映画『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』(原題 Sicario: Day of the Soldado)のVFX(視覚効果:ビジュアル・エフェクツ)シーンの一部をまとめた動画が、YoutubeのロデオFX公式チャンネルにアップされている。尚、本動画は9月にアップされたものだが、全米公開(6月29日)と日本公開(11月16日)に約5か月のインターバルがあるため、日本公開前にアップされた形となる。

関連記事:
メキシコ麻薬戦争映画『ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ』のトレーラーから登場する銃器を検証
動画中の三分割された画面の下段がVFXを施した完成映像で、上段が未合成の元映像やCG映像である。航空機が疎らな空港に多数の軍用機が配置されたり、何もない砂漠地帯に高速道路と疾走する車が描かれるなど、本物とCGの見分けがつかないほど細部まで描写されている。

このVFXを手掛けたロデオFX(Rodeo FX)は、2006年に設立されたカナダのVFX制作会社で、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」「ブレードランナー 2049」「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」など数多くの大ヒット作品に携わっており、「ライラの冒険/黄金の羅針盤」ではアカデミー賞と英国アカデミー賞の視覚効果賞を獲得している。現在は、米ロサンゼルスや独ミュンヘンにも支社を構え、ワールドワイドに事業を展開している。

参考動画:Oblique FXが担当した前作のVFXシーン 「SICARIO | VFX Breakdown by Oblique FX (2015)」

前作「ボーダーライン」(2015年米公開)では、「300 〈スリーハンドレッド〉」や「メッセージ」などを手掛けたVFX制作会社:Oblique FXが担当している。「ソルジャーズ・デイ」と比較すると空港や高速道路など類似するVFXシーンが多いが、技術進歩もあってか「ソルジャーズ・デイ」の方がVFXの適用範囲が広がったように思われる。

Text: 弓削島一樹 - FM201812

同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
トム・クランシー「Jack Ryan」シーズン2が11/1にAmazon Prime Videoで配信開始
映画「007 黄金銃を持つ男」の実寸大プロップガンのレプリカが500セット限定発売
映画「バッドボーイズ」シリーズ第3弾、『Bad Boys for Life』海外版トレーラーが公開
世界秩序の崩壊を目論むバイオテロを阻止せよ。多国籍特殊部隊の活躍を描く映画『Rogue Warfare』
『バイオハザード RE:2』レオン・S・ケネディのシリアルNo.入り公式パーソナルボディアーマーが発売
ブルース・ウィリス&マイケル・チクリス共演、映画『10 Minutes Gone』
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 トム・クランシー「Jack Ryan」シーズン2が11/1にAmazon Prime Videoで配信開始 (2019-09-09 10:29)
 映画「007 黄金銃を持つ男」の実寸大プロップガンのレプリカが500セット限定発売 (2019-09-06 17:04)
 映画「バッドボーイズ」シリーズ第3弾、『Bad Boys for Life』海外版トレーラーが公開 (2019-09-05 15:06)
 世界秩序の崩壊を目論むバイオテロを阻止せよ。多国籍特殊部隊の活躍を描く映画『Rogue Warfare』 (2019-09-02 17:14)
 『バイオハザード RE:2』レオン・S・ケネディのシリアルNo.入り公式パーソナルボディアーマーが発売 (2019-08-26 18:29)
 ブルース・ウィリス&マイケル・チクリス共演、映画『10 Minutes Gone』 (2019-08-21 11:31)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop