サバゲに新たな可能性? バッテリー駆動の本格ダミー爆弾、Duel Code「Bomb Simulator」が新登場

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
一般的なサバゲのルールといえば「フラッグ戦」や「殲滅戦」あたりですが、「籠城戦」や「ゾンビ復活戦」といった企画ゲームも非常に楽しいものです。
そこでこんな「使えそう」な新製品が間もなく発売されます。
Duel Codeの「Bomb Simulator」です。

外観はいかにも!な感じの爆発物っぽいもの。

Capture screen: Evike.com Airsoft
右半分にはこれまたありがちな操作パネルが!

Capture screen: Evike.com Airsoft
スイッチやテンキーが・・・。
時間切れや解除失敗時には爆発音を発しますが、オプションとしてCo2方式の「Thunder-B detonator」を接続・動作させることもできます。

Capture screen: Evike.com Airsoft
他に一般的な規格のスモークマシンにも接続できるそうです。
ちなみにサイズは24x13x13インチとけっこう大型。


Capture screen: Evike.com Airsoft
抱えるほどのサイズで本体はアルミ+ポリカーボネート素材。11.1Vのバッテリーを使用します。
液晶パネルで動作モードやタイマーを設定可能。

Capture screen: Evike.com Airsoft
モードは「Counterstrike」「Assault」「Domination」「Explosive」「Demo mode」の5パターンがあります。
ビジュアル重視(?)の液体撹拌機能まであります。

Capture screen: Evike.com Airsoft
ちなみにモーションセンサーも備えているため、傾けたり動かしたりができなくすることも可能です。
相手陣地の爆弾解除という燃えるゲームなどいかがでしょうか。


Capture screen: Evike.com Airsoft
発売は2017年3月の予定で、アメリカのエアソフト関連の大手通販サイトEVIKE.comでプレオーダー中。

価格は780USドルとちょっと高めですが、本格的な作りや豊富な動作モードなど、それだけの価値のありそうな一品だと思います。

製品リンク:http://www.evike.com/products/65569/

Text: 乾宗一郎 - FM201612

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
2019年 Facebookはエアソフトガンコミュニティを破壊し尽くすかもしれない
台湾のRAPTORからロシア軍の『SV-98』狙撃銃がエアコッキングで登場
ARESがSHARPS BROS社の独占ライセンスを取得、電動ガンをリリース予定
ICSがトルコ製ポリマーピストル「SAR9」のガスブロモデルを発売
シグ社がMPXシリーズ最小コンパクト設計の『カッパーヘッド(Copperhead)』を発表
【PR】CO2のM45A1、BATON airsoft から2月発売
 2019年 Facebookはエアソフトガンコミュニティを破壊し尽くすかもしれない (2019-01-16 17:19)
 台湾のRAPTORからロシア軍の『SV-98』狙撃銃がエアコッキングで登場 (2019-01-16 13:29)
 ARESがSHARPS BROS社の独占ライセンスを取得、電動ガンをリリース予定 (2019-01-11 13:59)
 ICSがトルコ製ポリマーピストル「SAR9」のガスブロモデルを発売 (2019-01-11 13:49)
 シグ社がMPXシリーズ最小コンパクト設計の『カッパーヘッド(Copperhead)』を発表 (2019-01-08 16:09)
 【PR】CO2のM45A1、BATON airsoft から2月発売 (2019-01-07 09:00)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop