S&W社がコンパクト版M2.0「M&P M2.0 Compact」を発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from S&W web page
登場以来、ポリマーオートの代表格・グロックのシェアを奪い続けているS&W社のM&Pシリーズ。そのブラッシュアップ版「M2.0」に小型版の「Compact」が登場した。4インチバレルで、いわゆる「キャリーサイズ」のガン。同等のサイズのベストセラー、グロック19とほぼ同じサイズで衣服の下に隠しやすい大きさとなっている。
M2.0 Compactは9mmと.40口径版で発売される。大きさだけでなく、ありとあらゆる意味でグロック19の対抗馬として設計されており、各所に滑り止めのセレーションが施されるなど、操作性は高い。

Photo from S&W web page

特にグリップは、グロックの寝たグリップよりも垂直に近いものとなっており、他のハンドガンを使用しているユーザーでも習熟しやすい。グリップテクスチャはより荒く食いつくものになり、4サイズ用意されるパームスウェルで調整も容易である。

Photo from S&W web page

トリガーについては評判のあまり良くなかった先代よりも大きく改善されているという。多くのレビューで「トリガーのカスタマイズは不要になった」というコメントがみられた。

Photo from S&W web page

サムセイフティはオプションとして提供される。トリガーセフティだけではシャツのボタンなどの異物を引っかけた際に発射されてしまうため、キャリーガンにこうしたマニュアルセフティを望む声は根強い。

Photo from S&W web page

性能面ではもちろんのこと、市場価格は約100ドル安い439ドル(約5万円)ほどに設定されており、グロックの1年保証に対して生涯保証がついてくるなどマーケティング面でもグロックを強く意識している。公用向けにアピールしそうだ。

Source: M&P®9 M2.0™ Compact | Smith & Wesson

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201711
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン
ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催
【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン!
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
 大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン (2018-10-19 19:09)
 ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催 (2018-10-18 18:37)
 【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン! (2018-10-18 11:51)
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop