スミス&ウェッソン社が FY2017 第一四半期の決算で「対前年比 40% アップ」の純売上高を発表

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
スミス&ウェッソン社が FY2017 第一四半期の決算で「対前年比 40% アップ」の純売上高を発表
Capture screen via SWHC
スミス&ウェッソンホールディング社 (SWHC: Smith & Wesson Holding Corporation) は 1 日、7 月末で締めた 2017 会計年度の第一四半期における決算を発表した。
それによると、対前年比で 40% 以上アップとなる、2 億 _700 万ドル (=約 214 億円) となる純売上高を記録している。また、同社 CEO のジェームズ・デブネイ (James Debney) 氏は、「1 億 3,900 万ドル (=約 144 億円) がハンドガンによるもので、4,450 万ドル (=約 46 億円) はロングガンによるものだ」としている。

なお、今回の結果を受けて同社は、通期年度の財務見通しを上方修正することを明らかにしている。

SWHC の中で銃器部門は最も強固な売り上げ基盤を持っているが、同社では先に発表のあったクリムゾン・トレース (CTC: Crimson Trace) やテイラー・ブランズ (Taylor Brands) といった企業の買収によって、その他部門の強化策を講じている。

関連記事:
スミス&ウェッソンがレーザーサイトのクリムゾン・トレースを 9,500 万ドルで買収

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
エアソフトパーツメーカー「Angry Gun」の『L85A3』用コンバージョンキット・プロトタイプ
ARESエアソフトの新製品、ボルトアクション式スナイパーライフル『M40A6』が間も無く発売
S&Tより九七式狙撃銃がお手頃価格で間もなく登場
あの映画に登場したブリーフケース入りSMGを完全自作で再現!
終末的世界観の新イベントゲーム、『Disasterz(デザスターズ)』が開催
KWA社がエアソフトガンを使用したLE向けトレーニングプランを公開
 エアソフトパーツメーカー「Angry Gun」の『L85A3』用コンバージョンキット・プロトタイプ (2019-05-24 20:02)
 ARESエアソフトの新製品、ボルトアクション式スナイパーライフル『M40A6』が間も無く発売 (2019-05-23 18:13)
 S&Tより九七式狙撃銃がお手頃価格で間もなく登場 (2019-05-16 13:07)
 あの映画に登場したブリーフケース入りSMGを完全自作で再現! (2019-05-15 13:40)
 終末的世界観の新イベントゲーム、『Disasterz(デザスターズ)』が開催 (2019-05-07 16:08)
 KWA社がエアソフトガンを使用したLE向けトレーニングプランを公開 (2019-04-26 15:40)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop