NEWS

「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される

海外軍事 Comments(0)

Photo from U.S Army WTF! Moments
2016年、パラシュート降下演習中にハンヴィー3両のパラシュートにトラブルが発生し、地上にそのまま落下した事件の動画がネットを賑わした。この事件について、降下前に貨物を管理していた担当軍曹が、サボタージュで処分された。

関連記事:
米軍、パラシュート降下演習中にトラブル。ハンヴィー 3 輌が次々と落下 - ミリブロNews
処分されたのは173空挺旅団のジョン・スキッパー軍曹。軍曹は降下直前、ハンヴィーのパラシュートのワイヤーをカットした疑いで1年前に告発された。そして今年5月、軍事法廷にて「軍の資産を損傷させたこと」「虚偽の証言をしたこと」で、最下級のE-1(二等兵相当)に降格の上、懲戒除隊となった。

動機については不明だが、こうしたサボタージュ行為は平時にあっても懲役などもっと重たい処分が課された可能性もある。こうした軽い処分に留まった理由について、広報担当者は何も語っていない。なおこの事件で処分されたのは2人目。1人目は動画中、笑いながらこの事件を撮影していた軍曹で、既に文書による訓告処分を受けている。

Source: Sergeant who sent 3 Humvees plummeting from plane found guilty - News - Stripes
VIDEO: Soldier Who Deliberately Destroyed Airdropped Humvees Found Guilty, Discharged : The Two-Way : NPR
Soldier convicted of sabotaging parachute straps in viral Humvee airdrop 'fail' video | SOFREP

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201805
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop