往年のMP5短機関銃をモダンな仕様にするスウェーデンSpuhr社製のアップデートキット

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Spuhr Facebook page
H&K社のMP5短機関銃は最初期モデルの登場から50年以上経過しており、現在ではコンセプトの古さが目立つようになった。そうした際、火器をまるごと交換せずとも現代的な仕様にできるアップデートキットは有用だ。
高精度な光学機器マウントで知られるスウェーデンのSpuhr社によるアップデートキットは、伸縮ストックとハードポイント付きのハンドガードでMP5の弱点である長過ぎるストック長と機能拡張のしにくさに対応している。

Photo from Spuhr Official Web Page

ストックは最大長が短くなり、また光学機器を取り付けた際に狙いやすくなるようチークピースが追加されている。

Photo from Spuhr Official Web Page

ハンドガードにはピカティニーレールやKEYMOD、M-LOKといった昨今普及しているインターフェイスではなく独自規格のアクセサリー装着ポイント「Spuhr Interface」が配置され、スクリューで強固にアクセサリーを固定できる。

Photo from Spuhr Official Web Page

CQBといえばMP5、という時代を過ぎ、室内戦闘でも5.56mmのカービンを使用するようになって久しいが、未だ各種組織の武器庫には大量のMP5が保管されており、過剰な威力を嫌う警察向けの需要もある。アップデートキットは、これらに光を当てるものとなる。

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201804
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
 米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始 (2018-11-08 19:26)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop