ドイツ連邦軍のG36後継小銃に名乗りを上げている「RS556」の各部と特徴を紹介する映像が公開

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
ドイツ連邦軍のG36後継小銃に名乗りを上げている「RS556」。その各部と特徴を紹介する映像が、大手軍事装備情報サイトであるディフェンスウェブのYouTubeチャンネルで投稿された。

RS556は既報の通り、オーストリアのステアー・マンリッヒャー社とドイツのラインメタル・ディフェンス社が共同で提案中の新小銃。ネーミングは「ラインメタル・ステアー」の頭文字と使用する5.56mm弾に由来している。

Screenshot from DefenseWebTV
RS556はステアー社のAR-15クローンであり、2012年に開発されたSTM556自動小銃に小改良を加えたもの。ショートストローク・ガスピストン方式で動作し、ブルパップ式の「AUG」と同様の仕組みで、銃身交換を2秒以内で行えるとされる。アッパーレシーバーはハンドガード一体型のいわゆるモノリシックタイプ。マグキャッチやセレクター等は左右いずれからでも操作できるものとなる。映像では、Styer GL40 A1グレネードランチャーを取り付けた状態も確認できる。

関連記事:
ステアー社とラインメタル社 ドイツ軍にG36自動小銃の後継「RS556」を提案

G36後継小銃の調達を目指した連邦軍の「シュトルムゲヴェール・システム(Sys StG Bw: System Sturmgewehr Bundeswehr)」計画には、RS556の他、ヘッケラーアンドコッホがHK433とHK416を、シグ・サワーからSIG MCXが、FNハースタルからはSCAR、ヘーネル・ディフェンス(Haenel Defense)からMK556などが、その候補リストに名乗りを上げていると報じられている。

ドイツBAAINBwがシュトルムゲヴェール計画の「招待状」を相応な事業者に対して発送

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop