発射と同時に前方に動いて反動を軽減するグロック用コンペンセイター「Mass Driver」が発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
発射と同時に前方に動いて反動を軽減するグロック用コンペンセイター「Mass Driver」が発売
銃口からのガスを上・左右に導いて銃口の跳ね上がりを抑制するコンペンセイターは、競技向けハンドガンでは既にポピュラーな存在だが、最近はキャリーガンへの装着も増えている。Strike Industries社の「Mass Driver」もそうした中の一つ。ガスだけでなく、コンペンセイター自体が発射と同時に前に飛び出し、反動を抑制するというユニークなコンセプトのものだ。
発射と同時に前方に動いて反動を軽減するグロック用コンペンセイター「Mass Driver」が発売
Screenshot from Strike Industries YouTube video.
Strike Industries社の「Mass Driver」。名称はSFに登場する物資・資源運搬用の超大型リニアガンのことだが、このコンペンセイターの名前としては「質量を動かす」そのイメージにピッタリなものである。

通常のコンペンセイターは銃身に取り付けるが、そのためにはネジつき銃口の銃身など特殊なパーツ・工作が必要になる。またショートリコイル方式では銃身の重量変化による動作の不具合も発生しうるため、各所のスプリングのテンション変更が必要になることもある。そこで「Mass Driver」ではリコイルスプリングガイドを介して取り付けられるようになっている。

取り付け作業を紹介する動画。スライドを外し、リコイルスプリングガイドを交換する。
How To Install - The Mass Driver Comp - YouTube

プロモ動画を見る限り、コンペンセイターの効きのほどは少し弱いように感じる。銃身に装着しているわけではないのでマズルブースターとしての機能もないだろう。ただ実際の効果はさておき、誰でも簡単に装着できるお手軽カスタムパーツとしては面白いものではないだろうか。

Source: GEN3 Mass Driver Comp

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201911
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
ステアー社 vs シグ社のP320特許侵害訴訟、裁判所がステアー社の訴えを棄却
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
 ステアー社 vs シグ社のP320特許侵害訴訟、裁判所がステアー社の訴えを棄却 (2020-03-03 19:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop