最大出力1,500ルーメンを誇るSureFireの『M600DF』ウルトラ・スカウトライト

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
タクティカルライト世界トップブランド、米国の「シュアファイア(SureFire)」社が、最大出力1,500ルーメンを誇る『M600DF(Dual Fuel)ウルトラ・スカウトライト』のPVを投稿した。タクティカル要素満載の短編映像となっている。
最大出力1,500ルーメンを誇るSureFireの『M600DF』ウルトラ・スカウトライト
Photo from SureFire
M600DFは、超高出力LEDライトを搭載した軽量コンパクトなウェポンライト。充電式の「SF18650A」バッテリーを使用することで最大1,500ルーメンを、また通常の「SF123A」バッテリー×2個使用では1,200ルーメンを出力する。

「王を称えよ(All Hail the King!)」をモットーとした同製品は、高い反射率を誇る独自リフレクター(TIR: Total Internal Reflection)によって、圧倒的な光を生み出し、敵の潜む暗闇奥深くまで引き裂いてその場を支配する。

過酷なミッションに対応できるよう、ボディーはミルスペック規格ハードアノダイズド・アルミを使った頑強な造りとなっており、ピカティニー規格レイル(MIL-STD-1913)対応により多くの火器に素早く簡単に取り付けが可能。Z68テールキャップ・スイッチを軽くプッシュすることでキセノン球には無いLEDならではの瞬発的な光が、また強く押し込むことで捜索時などで重宝する常時照明としての利用も可能になっている。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
 ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。 (2020-04-02 19:48)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop