NEWS

シュアファイア社がミンダナオ島のIS系組織「マウテ」討伐の為、フィリピン海兵隊にウェポンライト等を提供

海外軍事 Comments(0)
シュアファイア社がミンダナオ島のIS系組織「マウテ」討伐の為、フィリピン海兵隊にウェポンライト等を提供
Photo from AmmoLand
フィリピン南部ミンダナオ島マラウィで続くダーイシュ系組織「マウテ(Maute group)」との戦闘。米国の銃器関連メーカーであり、戦闘用ライトの世界的なリーディングカンパニーであるシュアファイア社(SureFire, LLC)が、フィリピン海兵隊に対して同社製品を提供していたことを明かした。

関連記事:
ミンダナオ島マラウィでダーイシュ(IS)掃討作戦をおこなうフィリピン軍特殊部隊の映像
シュアファイア社がミンダナオ島のIS系組織「マウテ」討伐の為、フィリピン海兵隊にウェポンライト等を提供
Photo from SureFire.
This photo is representational photo.
銃器ニュースサイトのアモウランドのリリースによると、シュアファイア社が提供したのは、サプレッサーとヴァンパイア・スカウトライト(Vampire Scout Light)。

セールス&マーケティング部門のマーク・ハニシュ(Mark Hanish)副社長は今回の提供について、「我々はフィリピン海兵隊が可能な限りの最高の装備を手に入れることを嬉しく思います。そしてこれらの先進装備が兵士らの生存性向上に寄与することを確信しています。彼らに最高の幸運を祈っています。」とするメッセージを寄せている。

フィリピンに展開する共同米軍事顧問団(Joint U.S. Military Assistance Group)に対する間接的貢献も期待されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
スマホの「自分撮り」画像が原因で部隊が全滅……米海兵隊の対抗演習
寒くても手袋不要、米陸軍の新装具「アームヒーター」で手先作業も楽々。一般販売も視野に
米CIAが極秘裏に作り上げた「暗殺用毒ダーツ銃」
フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用
アメリカ空軍の研究者が伸縮しても導電性の変化しない特殊な金属素材を発見
フランスが軍用拳銃『Glock17』×74,596挺を発注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 スマホの「自分撮り」画像が原因で部隊が全滅……米海兵隊の対抗演習 (2020-01-17 17:52)
 寒くても手袋不要、米陸軍の新装具「アームヒーター」で手先作業も楽々。一般販売も視野に (2020-01-16 16:03)
 米CIAが極秘裏に作り上げた「暗殺用毒ダーツ銃」 (2020-01-15 12:20)
 フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用 (2020-01-14 17:26)
 アメリカ空軍の研究者が伸縮しても導電性の変化しない特殊な金属素材を発見 (2020-01-09 14:14)
 フランスが軍用拳銃『Glock17』×74,596挺を発注 (2020-01-07 20:50)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop