カラシニコフの銃身をフルフロートにする改造キット「SAG AK CHASSIS MK2」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Sureshot Armament Group web page
使い勝手の向上や運用コストの削減を目的とした様々な改修キットが市販されている。Sureshot Armament Group(SAG)社の製品はカラシニコフシリーズの自動小銃の拡張性を高めると同時に、銃身をフリーフロート化して高精度化するものだ。

参考:
Handl Defense社 HK417にSR-25・M110の弾倉を使えるようにするアダプタを開発 - ミリブロNews
バイポッドやバリケードへの依託射撃の際にバレルに影響がなくなるのはもちろん、フリーフロート化することでハンドガードに熱が伝わりにくくなりランニングタイムが向上する効果もある。

フロント周り一式が改修キット。バレルをフリーフロート化し、さらにアクセサリレイルを追加することができる。レシーバーに手をいれることなく装着可能という。

Photo from Sureshot Armament Group web page

またハンドガードはブッシュマスター・ACR用のものを流用することができる。純正もサードパーティ製のいずれとも使用可能となっている。

Photo from Sureshot Armament Group web page

Source: Sureshot Armament Group official Facebook page

SAG AK CHASSIS MK2 - Sureshot Armament Group

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201802
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
WEの次期新製品はガスブローバックの『HUDSON H9』
完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい!
ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』
 WEの次期新製品はガスブローバックの『HUDSON H9』 (2018-12-12 16:29)
 完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい! (2018-12-10 18:27)
 ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開 (2018-12-07 14:14)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
 「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』 (2018-12-05 18:24)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop