スウェーデン陸軍が新たにエイムポイント製「CompM5」「MPS3」の調達を契約

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Aimpoint AB
スウェーデン陸軍が、公開国際競争入札を経て、同国の光学照準器メーカーである「エイムポイント社(Aimpoint AB)」との間で新たな調達計画を交わしたことが明らかになった。
軍国防資材局(FMV: Forsvarets Materielverk)との契約で示されたのは、陸軍向けに調達されるレッドドットサイト「Aimpoint CompM5」と「Aimpoint MPS3」で、総額2,000万スウェーデンクローナ(=約2億6,700万円)を超える案件となっている。

受注発表の中でレナルト・リュングヘルト(Lennart Ljungfelt)社長は「スウェーデン軍が再び当社製品を選んだことを誇りに思う」「今回の受注は、当社とその製品に対する満足度によるものだと確信している」と述べている。


Photo from Aimpoint AB
CmpM5サイトは、同社最新のレッドドットサイトで、その操業の中では米国防総省が深く関わりを持っている。単四電池(AAAバッテリー)1本をその動力源とし、「最大5年間(または50,000時間)」の常時点灯を実現している。


Photo from Aimpoint AB
一方のMPS3(Multi Purpose Sight)は、中型・重火器用に設計されたパッシブ電子リフレクス・コリメータサイト。主に陸上車輌やヘリコプター、高速攻撃ボートへの搭載火器用に開発された製品。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
 米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始 (2018-11-08 19:26)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop