NEWS

スウェーデン軍の特殊部隊・警察部隊がLWRCのM6カービンを採用か?

海外軍事 Comments(0)

Photo: Swedish SOG via Försvarsmakten official website
Image is for illustration purposes only.
TFB(The Firearms Blog)によると、スウェーデンの軍特殊部隊と一部の警察組織において、老朽化したHK53の後継機として、LWRCのM6を採用するのでは?というウワサがあるとのこと。
M6はショートストロークガスピストンのARクローンで、アメリカでの実勢価格は2,500USドル以上。ナイツのSR15E3やダニエルディフェンスのDDM4よりもお高い高級コンプリートガンだ。


Photo: LWRC M6 Rifle via TFB
レシーバーはハンドガード一体のモノリスティックアッパーで、上級グレードにはスパイラルフィンが刻まれたマッチバレルを装備。内部パーツも要所にオリジナルの高品質なものが組み込まれている。

Photo: LWRC M6 Rifle via TFB
スウェーデン軍特殊部隊などは現状でHK・G36やHK417などを使用しているが、ピストン方式のARカービンを希望しているといわれていた。

LWRC・M6は冷間鍛造バレルやフルアンビコントロール、オプションレイルアタッチメントといった部隊からの要望を十分満たしているが、HK416以上というその価格がネックとなっているそうだ。

どちらにせよまだ結果は出ておらず、AR好きにとっては今後も興味深い話題となるだろう。

出典:http://www.thefirearmblog.com/blog/2016/11/29/swedish-sog-special-police-units-get-lwrc-rifles/

Text: 乾宗一郎 - FM201612

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出
米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き
ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出 (2018-11-20 16:57)
 米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き (2018-11-20 16:44)
 ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画 (2018-11-19 17:14)
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop