NEWS

シリアの武装勢力がプレステのコントローラーを使った遠隔操作式の機関銃ロボットを投入

海外軍事 Comments(0)
シリアの武装勢力がプレステのコントローラーを使った遠隔操作式の機関銃ロボットを投入
シリア北部の戦地・アレッポで、プレイステーションのコントローラーと高倍率のカメラを搭載した遠隔操作式の重機関銃ロボットが登場した。
「シャム R3 (Sham R3) 」と名付けられたこのキラー・マシーンによって、オペレーターは、敵の攻撃を受けない安全な場所に身を隠し、高性能な 43 倍ズームレンズを搭載したことにより、800 メートル近く離れた敵の動きを監視。必要に応じて激しい攻撃を加えることができる。

また、掩体 (えんたい) での利用を想定してか、地面からエレベーター式で垂直に姿を現すなどの工夫が盛り込まれている。

こうした状況を受けて英日刊タブロイド紙はシャム R3 について、「この地で暗躍する武装勢力の中で最も洗練された武器の 1 つだ」「兵士 15 人分の仕事をする」として紹介している。

なお、シャム R3 を実際に運用している武装勢力がどこなのかは、今のところ明確では無いようだ。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
 米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了 (2019-05-17 19:44)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop