NEWS

シリアの武装勢力がプレステのコントローラーを使った遠隔操作式の機関銃ロボットを投入

海外軍事 Comments(0)
シリアの武装勢力がプレステのコントローラーを使った遠隔操作式の機関銃ロボットを投入
シリア北部の戦地・アレッポで、プレイステーションのコントローラーと高倍率のカメラを搭載した遠隔操作式の重機関銃ロボットが登場した。
「シャム R3 (Sham R3) 」と名付けられたこのキラー・マシーンによって、オペレーターは、敵の攻撃を受けない安全な場所に身を隠し、高性能な 43 倍ズームレンズを搭載したことにより、800 メートル近く離れた敵の動きを監視。必要に応じて激しい攻撃を加えることができる。

また、掩体 (えんたい) での利用を想定してか、地面からエレベーター式で垂直に姿を現すなどの工夫が盛り込まれている。

こうした状況を受けて英日刊タブロイド紙はシャム R3 について、「この地で暗躍する武装勢力の中で最も洗練された武器の 1 つだ」「兵士 15 人分の仕事をする」として紹介している。

なお、シャム R3 を実際に運用している武装勢力がどこなのかは、今のところ明確では無いようだ。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ?
ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは
アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
台湾が105mm砲搭載の新型装甲車の開発を発表
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ? (2022-05-05 19:21)
 ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは (2022-04-08 16:46)
 アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か (2022-03-26 13:10)
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
 台湾が105mm砲搭載の新型装甲車の開発を発表 (2021-08-03 18:51)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop