NEWS

台湾が台北航空宇宙&防衛技術展で9x19mmの国産サブマシンガン「XT107」を展示

海外軍事 Comments(0)
台湾が台北航空宇宙&防衛技術展で9x19mmの国産サブマシンガン「XT107」を展示
Screen shot from 展的分享天地 YouTube channel
台北航空宇宙&防衛技術展(TADTE 2017)が17日~19日におこなわれ、国防部の第205工廠が「XT107」を展示した。

一報を掲載した英語圏の軍事情報サイトであるディフェンスブログは、1枚の写真を添えて「XT107は、5.56×45mm NATO弾を使用するアサルトライフル」として紹介している。
國造XT107衝鋒槍介紹
掲載されてい写真を調べたところ、YouTubeにアップされていた映像からのスクリーンショットであったことが分かった。そして、映像を確認したところ、展示されていた「XT107-00004」の右側ハウジングには「9x19 T104」と薄っすらとした刻印が確認できる。

同工廠は一昨年前のTADTEにおいて、9mmサブマシンガン「XT104」を展示している。XT104は、市街地での特殊作戦などでの利用が想定されたもので、重量2.8キログラム、弾倉30発とし、毎分最大800発の発射レートを持つ。

関連記事:
台湾の防衛展示会で新型 9mm サブマシンガンのプロトタイプ「XT104」が展示

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop