「リトルアーモリー」初のノベライズ『小説「リトルアーモリー だから、少女は撃鉄を起こす」』が 12/16 に発売

専門誌 ミリタリー模型・フィギュア Comments(0)
「リトルアーモリー」初のノベライズ『小説「リトルアーモリー だから、少女は撃鉄を起こす」』が 12/16 に発売
トミーテック 1/12 スケール銃器「リトルアーモリー」初のノベライズ『小説「リトルアーモリー だから、少女は撃鉄を起こす」』が、明日 12 月 16 日 (金) に発売される。
「リトルアーモリー」初のノベライズ『小説「リトルアーモリー だから、少女は撃鉄を起こす」』が 12/16 に発売
20世紀末、突如世界各地に現れた未知の敵「イクシス」。

空間転移を用いる神出鬼没な敵に、恒常的な戦闘を強いられることになった人類は、各国の正規軍の下に「指定防衛高等学校」を設立、民間防衛の一助として対処していた。

イクシスの出現から18年。指定防衛高校の一つである古流高校へ入学した朝戸未世と白根 凛は、戦争と隣り合わせの日常が当たり前となったこの世界を屈託なく受け入れ、高校生活を謳歌していたが――。

トミーテックから発売中の1/12スケール銃火器組み立てキット「リトルアーモリー」をベースとした「銃」と「少女」によって描かれる新感覚のガンアクション青春群像劇!


『リトルアーモリー だから、少女は撃鉄を起こす』(Jノベルライト)
発売時期:2016年12月16日発売予定
著:おかざき登
イラスト:ふゆの春秋
監修:指定防衛校戦技研
原作:トミーテック
発行:実業之日本社
判型:四六判
定価:本体1,200円+税

著者情報:
おかざき登(おかざきのぼる)
第4回MF文庫Jライトノベル新人賞審査員特別賞『二人で始める世界征服』でデビュー。近著『さて、異世界(ゲームガルド)を攻略しようか。』(MF文庫J)『都市伝説系彼女。~永遠子さん救済倶楽部~』(ダッシュエックス文庫)など。本作では、リトルアーモリーの素敵なキャラや世界観を再現することに注力しました。皆さんが思い描いていた世界に近いモノができていたら幸いです。

ふゆの春秋(ふゆのはるあき)
イラストレーター。ライトノベルの表紙などを中心に多数の装丁画、挿絵を手がける。『制服少女、銃器 ARTWORKS』『トウカセカイ』を刊行している。


「リトルアーモリー」初のノベライズ『小説「リトルアーモリー だから、少女は撃鉄を起こす」』が 12/16 に発売

リトルアーモリーとは
タカラトミーグループ株式会社トミーテックが展開する、1/12スケールの「銃火器」ランナーキットで、近似サイズのアクションフィギュア・ドールと組み合わせて遊ぶことをができる。ふゆの春秋氏とdaito氏の描く、武装制服少女のパッケージが目印。
http://www.littlearmory.jp/


同じカテゴリー(専門誌)の記事画像
L・ネヴィル著/床井雅美監訳/茂木作太郎訳『SAS英陸軍特殊部隊─世界最強のエリート部隊』
現役「グリーンベレー」隊員を父に持つ9歳の少年の綴った児童書が、Amazonカテゴリーランキングで1位を獲得
同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.25、「米海兵特殊作戦コマンド(MARASOC)」
並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行
世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行
元陸上自衛隊1佐が描く『漫画クラウゼヴィッツと戦争論』
同じカテゴリー(専門誌)の記事
 L・ネヴィル著/床井雅美監訳/茂木作太郎訳『SAS英陸軍特殊部隊─世界最強のエリート部隊』 (2019-12-17 12:45)
 現役「グリーンベレー」隊員を父に持つ9歳の少年の綴った児童書が、Amazonカテゴリーランキングで1位を獲得 (2019-12-13 15:54)
 同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.25、「米海兵特殊作戦コマンド(MARASOC)」 (2019-12-05 17:37)
 並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行 (2019-11-06 17:37)
 世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行 (2019-09-11 11:09)
 元陸上自衛隊1佐が描く『漫画クラウゼヴィッツと戦争論』 (2019-06-28 12:59)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop